ピープル
#おしゃれOLさんの憧れアイコン

【美尻トレーナー岡部友さん 女の“恋と人生”論vol.1】「恋愛はあってもいいけどなくてもいい」くらいがいい!

「恋愛はあってもいいけどなくてもいい」くらいがいい

pattern_1
今回寄せられたお悩みを見ると、人生があまりにも恋愛、婚活、結婚にフォーカスされ過ぎている。100%とまではいかなくても、思考が支配されている気がしたんです。

ボディメイクを頑張る、恋愛を頑張るのはいいけど、それ以外にも自分のためになる、自分が向き合っているものがあってほしいし、あるべきです。恋愛はあってもいいけどなくてもいいくらいがいい。それくらい自分が自分自身で満たされている=自立している。そういう状態が理想だし、そういう女性が素敵だと思います。

じゃあ、ひとつの物事に占領されないようにするにはどうすればいいか?

「自分のため」にめちゃくちゃ忙しくしてればいいんです。

例えばボディメイク期間中、間食をいつとるか気になってしょうがない時ってあるんですよ。でもそれって、食事管理のことばかり考えてるから起きることなので、間食することを忘れるくらい他のことも忙しくしていれば解決する問題です。だから多忙な時ほどボディメイクって成功しやすいんです。恋愛も婚活も同じ。別のことにも目を向けていた方が上手くいくはず。

人生のゴールを結婚に設定する人って、まあ理由はいろいろあると思うんですが、知ってる人間のバリエーションが少ないんじゃないかな。似た者同士が集まった環境下で生活していて、表面的にはそこで上手くやっていけてるんだと思う。

だからこそ「自分たちと違う生き方をしている人」と接する機会がないし、接する必要もないし、ヘンな人が周りにいない。多様性に触れないから、結果的に女性像のバリエーションも少なくて、結婚一択になるのでは?
次のページ>>「「女性の生き方っていろいろあるのね」、ってことをまず知ろう」  
24 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ