ピープル
#わたしたちの憧れアイコン

八木莉可子×木戸大聖が『First Love 初恋』を語る「作品を通じて、この世界を少し好きになれた気がする」

2022年11月24日(木)より配信がスタートしたNetflixシリーズ『First Love 初恋』は、日本が誇る歌姫・宇多田ヒカルの1999年に発売され大ヒットした「First Love」、そしてその19年後にリリースされた「初恋」という2つの平成ラブソングの金字塔からインスパイアされたラブストーリーということで大きな注目を集めてきた。Netflixが原案・企画・製作、寒竹ゆりが監督・脚本を務め、楽曲の持つ世界観は生かしながらも新しいオリジナルストーリーを紡ぎだす。

本作は、90年代後半とゼロ年代、そして現在の3つの時代が交錯し、20年余りに渡る忘れられない“初恋”の記憶をたどる一組の男女の物語。軸となる現代のパートでは、CAの夢を持ち、未来有望な少女として描かれながらも、不慮の事故によって運命に翻弄される主人公・野口也英を満島ひかり、航空自衛官のパイロットという夢を一度は叶えたものの、現在は別の道を歩む並木晴道を佐藤健がそれぞれ演じる。今回は、主人公二人の若き日々を瑞々しく演じ切った八木莉可子さん、木戸大聖さんが揃って登場。1年近くにわたり行われた北海道ロケの思い出から、『First Love 初恋』の見どころまでたっぷりと語ってもらいました。

「真冬のロケが本当に過酷で……莉可子ちゃんの耳も真っ赤に」

pattern_1
— 長期にわたる北海道での撮影でしたが、現場での雰囲気はいかがでしたか?

八木 私と大聖くんは二人のシーンも多くて、撮影中はずっと一緒にいました。大聖くんは私よりも5つ年上で、はじめは馴れ馴れしく話していいのかなって色々考えていたのですが、「全然いいよ!」って優しく接してくれて。いい意味でだんだんと歳の差を感じずに接することができるようになりました。
pattern_1
— 二人の思い出に残るエピソードはありますか?

木戸 ロケ地が北海道だったので、真冬のロケはかなり過酷でしたね。一面雪景色の海岸沿いで、二人ではしゃいでいるシーンがあるのですが、撮影した時は北海道でも例を見ないほどの大雪の日だったんです。撮影中に莉可子ちゃんの方を見ると、耳がとれるんじゃないかと思うくらい真っ赤になっていて……。その記憶は鮮明に残っています。

八木 私は撮影のために乗らなくてはならなかった飛行機が欠航になってしまった日のことをすごく覚えています。

木戸 飛行機が飛ぶまで空港で待っていて、時間を潰していたんです。
八木 本作の中でも、晴道と也英が空港に行くというシーンがあるのですが、その時間が作中のシーンと重なって、自分の中でちょっと不思議な感覚でした。

木戸 その日、僕は白いTシャツを着ていたんですけど、ドレッシングのようなものをこぼしちゃって、「うわー、どうしよう」と思っていたら、莉可子ちゃんがさっとシミ取り洗剤を渡してくれて、「これで洗いな」って。その瞬間に、いつも用意周到な也英の姿が浮かびました(笑)。
次のページ>>「満島ひかりさんの仕草を一つひとつ丁寧に観察しました」
30 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ