ピープル
#わたしたちの憧れアイコン

女優・髙橋ひかるにきく、キレイを保つ秘訣とは?「今の自分がいちばん好き」

バラエティなどテレビで見せる明るいキャラクターと一転、モデルとして魅せる全く違った雰囲気の表情も魅力。ファッション大好き、最新の美容情報をチェックするのが趣味と語る彼女の体型維持についてや、ストレス発散方法などをおききします。

褒めていただける細い体形が、実はコンプレックスのひとつでした

pattern_1
――美容情報については、どんな風にチェックしていますか?

インスタやピンタレストでチェックしています。美意識が高い人ってこんなにいるんだって驚きですよね。本当に勉強になります。

――確かに一般の方でもすごい方がいますよね。ひかるさんといえば、モデルとして憧れている読者の方もたくさんいらっしゃいます。体型維持の秘訣など教えてください。

そう言っていただけると、素直に嬉しいです。でも実は、私自身もう少し女性らしい体のほうがいいんじゃないかなとか、コンプレックスがあったりしました。女性はやはり、メリハリというか、ふっくらした部分があったほうが魅力的じゃないかと思ったりします。
――コンプレックスなんて、それは意外です。

ダイエットのつもりはなかったのですが、高校時代に糖質制限にはまったことはあります。元々お米をあまり食べないのと、お肉が好きなので全然苦じゃなかったんですが。糖質を0~6グラムに抑える、結構ハードなレベルでやりました。

――お米をあまり摂らなかったのは、意識してですか?

意識してではなくて、味がついていないものがあまり得意ではなかったので、おかずばかり食べていました。でも、お米ってパワーの源になるので、基本的には食べないとダメなんですよね。マネージャーさんからも、お米を食べなさいって言われて、最近は食べるようになりました。雑穀米やもち麦を混ぜたりして楽しんでいます。あとおにぎりも好きです。とびっこ×韓国のりを混ぜた韓国風の味付けにはまっています。
pattern_1
――食生活が変わって、何か体型に変化は?

ありました! 女性らしい体になれた、くびれができて、カービーな感じに。元々骨格診断ではウェーブではあったんですが、胸元のボリュームがないので、デコルテがあいた服を着る時、何かアクセサリーをつけないと寂しいなと感じていました。でも今はアクセサリーをつけなくても自信がもてるようになって、よりいっそう色んなファッションを楽しめるようになりました。最近は海外セレブファッションに憧れます。ヘルシーな肌見せファッションに、上質な小物を合わせるシンプルで洗練された感じが素敵です。それから、前から好きなK-POPの音楽やファッションやヘアメイクも相変わらず好きで、チェックはかかせません。
次のページ>>「実は8月に舞台でウィッグを被るので、自分史上初めてばっさり切ってしまう予定なんです」
22 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ