ピープル
#わたしたちの憧れアイコン

吉岡里帆が30歳を前に気づいたこと「20代前半は結果ばかり気にしていた時期も。でも、結果とはまた別に大切なものだってある」

CLAMPの伝説的大ヒットコミック『xxxHOLiC』が、蜷川実花監督の手によって初の実写映画化! “アヤカシ”を操り、神木隆之介さん演じる四月一日(わたぬき)を襲う妖艶な悪女・女郎蜘蛛を演じるのは、ドラマや映画、舞台、CM、ラジオなど幅広い活躍を見せる吉岡里帆さん。映画では物語の鍵となる女郎蜘蛛。色気たっぷりな役を演じるにあたって苦労したこととは――? 全3回にわたりたっぷりとお話を伺いました。

▼これまでのインタビューはこちら▼

結果がすべてではない。結果とはまた別に、大切なものだってある

pattern_1
――“与えられたモノにはすべからくそれに見合うだけの代償、対価が必要”なのだというのが本作で描かれるテーマのひとつですが、吉岡さんご自身も、そのように感じられることはありますか?

吉岡里帆さん(以下、吉岡) あります。でも努力や我慢を重ねた分、演じることで届けられるものの幅も広がっていくんじゃないかと思うし、目の前にいる人だけじゃなく、直接お話しできないような遠くの人にまで、「これ、おもしろいと思うんですが、どうでしょうか?」と提案することもできるのかな、と。今の自分を守るための対価は、日々少しずつ支払っているような気がします。

――支払っている対価に見合うだけの報酬がもらえない……「必死で頑張っているのに、報われない」みたいな気持ちになるとしんどくなってしまうと思うのですが。

吉岡 20代前半の頃は、そういう気持ちになることもありました。たまにはゆっくり休んで旅行したいなとか、我慢より先にやりたいことのほうが思い浮かんだり、こんなにすべてを尽くして頑張ったのにどうして結果がついてこないんだろうと悩んだり……。結果に振り回されていた時期もありましたが、でもだんだん、“頑張ったから報われる”なんて簡単なことで世界は回っていないんだ、ということに気づきました。
――何かきっかけがあったんですか?

吉岡 きっかけというよりも、挫けて、落ち込んで、そこから抜けて、また挫けて……と何度もくり返していくうちに、「そもそも女優として世の中に出させてもらえていること自体が幸せじゃないか」と思えるようになったんです。それは、私自身が何か評価を得たからではなく、大勢のスタッフや共演者のみなさんと一緒に作品作りをしていくうちに、ねぎらいあえる人たちと出会えたから。仕事は私一人で成り立つものでもなく、みんなで一丸となってやりとげられたその時間は、結果とはまた別に、大切なものなんだと気づけたのも大きいです。

――その場ですぐ確認できるものだけが結果とも限りませんしね。のちのち、時間がたってから花が開くものもある。

吉岡 そうですね。私が結果を見通すことなんてどうしたってできないのだから、結果ありきで仕事をしないように、今はつとめています。その脚本の、どこに自分が共鳴しているか。どういうことに、心が動かされるのか。内面に起こることを大事にしていると、このお仕事に関われただけで幸せだ、関わっているみなさんのことも大好きだ、と思うことができる。どうしてもしんどくなったときは、その気持ちを思い出すようにしています。
次のページ>>女郎蜘蛛の凄みは、10年前の私だったら演じられなかった
25 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ