ピープル
#おしゃれOLさんの憧れアイコン

弘中綾香「昔の夢は『革命家』だったけど、今は……」仕事で大事にしている“2つのこと”

弘中綾香 世界を“きゅん”の目で見るならば。 

with7月号通常版の表紙を飾るのは、テレビ朝日アナウンサーの弘中綾香さん。

「きっと、すべては見方次第なのかなって思うんです。視点を変えることでポジティブに捉えられる気がするので、あまり悲観的に考えないようにしているかも」と話す、弘中さん。

局のアナウンサーという枠を軽やかに飛び越え躍進し続ける弘中さんの原動力を、今月号の大特集テーマである「きゅん」をキーワードに紐解きます。
pattern_1
メガネ¥36300/アイヴァン(アイヴァン 東京ギャラリー) シャツ¥6996/フリークス ストア(フリークス ストア渋谷)

仕事って対応力と行動

アナウンサー業としては、進行をきちんとやるとか台本に書いてあることを読むことは一通りできる年次になってきたので、今はアドリブ的な要素だったり、臨機応変に対応できたかもっていうときに醍醐味を感じるようになってきました。

例えばその場の流れを汲んで話ができた時とか、決められたところ以外で「上手くできたかも!?」と思えると嬉しいというか。ただ答え合わせは編集後なので、オンエアーを見て「あ、これ使われてた!」とか確認しています。

あとは、自分でお話を持ち込んで実現したHanakoのエッセイ連載が、「今年の誕生日に書籍を出したいんです!」と伝えて、叶ったことは大きかったかもしれないですね。初めてのモノづくり経験だったんですけど、この本を通していろんな人とお仕事できたことも新鮮で楽しかったです。
pattern_1
次のページ>>実はあまり目標みたいなものは決めないタイプ  
24 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ