ピープル
#おしゃれOLさんの憧れアイコン
08.Aug.2019

テラスハウス出演・田辺莉咲子「恋愛はオープンマインドの方が上手くいく。衝突したら、謝ればいい」―多くの女性から支持される恋愛観に迫る―

フィットネストレーナーやパルクールプレーヤーとして活躍しながら『テラスハウス TOKYO 2019-2020』にも出演中の田辺莉咲子さん。自身のスタイルを確立したファッションやメイクのみならず、自らの気持ちに真っ直ぐな性格、明るく前向きな恋愛スタイルは、多くの女性から支持を受けている。

そこで莉咲子さんの生き方、考え方を深堀りすべく、あらゆる角度からインタビュー!今回は、彼女がいついかなる時も、そして誰に対してもオープンマインドで接する理由について。いつでも関係性をオープンにして恋愛をすることの真意とは――

怖がらずに自分から心を開かないと、状況は絶対変わらない!

失敗したって「ごめんなさい」してから、またやり直せばいい

pattern_1
こんにちは!田辺莉咲子です。
今日からwith onlineで短期連載をやらせていただくことになりました。これまでの経験をもとに、私の生き方、恋愛や人間関係における考え方などを、私なりにお話できればと思っています。

第1回目は「オープンマインド」について。よく周りの人から、「莉咲子って全然人見知りしないし、誰に対してもオープンマインドだよね!」って言われるんです。あまり意識したことはないんだけど、そう言われると人見知りはしないほうかも。

でも、人見知りして上手く恋愛ができないと悩んでいる人は多いですよね。今回は、私が人見知りせず、いい人間関係を築くために何を意識しているのか、そしてどう恋愛につなげているのかについて考えてみました。

全く知らない5人との共同生活も、自分のスタイルのままスタートした

「気まずいなぁ」って思っているうちは、いい恋愛なんてできない

pattern_1
『テラスハウス TOKYO 2019-2020』を観てくださっている方々もいるかと思いますが、私は入居時から、わりと人見知りだった男子に「うるさい」って思われるくらい話しかけたんです。鬱陶しいって思われてもいいぐらいの気持ちで。だって「なんか気まずいなぁ」って思いながらだったら、いい人間関係なんて築けなくない?そんな思いをするぐらいだったら、私は自分から心を開いて、その場の雰囲気をよくしたいって思う。
時々1人で喋りすぎて、「莉咲子、うるさいよ!」って言われたり、「なんで私だけこんなに頑張ってるんだろう」って身を削ってるなって思ったりもする。でも、自分からアクションを起こして失敗しても、「ごめんなさい」って謝って、そこからまた関係を築いていけばよくない?

それは恋愛でも全く一緒だと思う。男性と話している時に「気まずいなぁ」って少しでも思っていたら、いい恋愛には発展しない。まずは自分からどんどん話しかけて、壁を壊していかないと!話しすぎて「失敗した……」って思っても、謝ってまたやり直せばいい。相手もそんなことであなたのことを嫌いになったりはしないはず。そう考えると、自分から積極的に話しかけることも怖くなくなると思う!
次のページ>>莉咲子さんが今の性格になった「過去の経験」とは?
44 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ