ピープル
#おしゃれOLさんの憧れアイコン
29.Aug.2019

歌手/女優・水谷果穂「反町隆史さんに言われて嬉しかった一言とは?」-初連続ドラマ主題歌で感じたプレッシャーと成長-

2019年度前期のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「なつぞら」への出演や、連続ドラマ「リーガル・ハート ~いのちの再建弁護士~」で主題歌「朝が来るまで」を担当するなど、女優として歌手として、目覚ましく活躍する水谷果穂さん。8月28日にはファーストアルバム『深呼吸』の発売も決定。音楽業界、そしてドラマや映画業界も注目する21歳・水谷果穂さんの魅力に迫りました。自身の落ち着いた語りでお届けします。

ドラマの撮影現場でお会いした反町さんは、温かくて器の大きな人でした

はじめてドラマの主題歌を歌うことへのプレッシャーと安堵

pattern_1
はじめまして。歌手で女優の水谷果穂です。
今放映中のドラマBiz「リーガル・ハート ~いのちの再建弁護士~」の主題歌「朝が来るまで」を歌わせてもらっています。主演の反町隆史さんとは、その撮影現場ではじめてお会いしました。「強くてかっこいい男性」というイメージだった反町さんですが、実際にお会いしてお話をさせていただくと、劇中の役柄のイメージもあってか優しくて温かい、器の大きい方だなという印象が強くなりましたね。所属事務所が一緒なのですが、憧れの先輩の一人です。

はじめて主題歌を歌わせてもらったのですが、ドラマのイメージを左右するものだし、毎週観てくれる人の耳に残るものなので少しプレッシャーを感じていたんです。でも反町さんにお会いした時に「ドラマに合っているよ」と声をかけていただき、やっと安心することができました。

自分はお芝居もやらせてもらう立場なので、普段だったら現場にいる側なのに、今回は拍手で迎えていただいて……。不思議な感じでした。なんだか照れ臭かったです(笑)。
次のページ>>水谷さんにとっての歌手と女優の違いとは?
38 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ