ピープル
#おしゃれOLさんの憧れアイコン

「憧れの存在」と「共感される存在」どちらになりたい?【宇野実彩子 meets GUCCI】vol.4

ちなみに、歌詞は常にリアルな体験をもとにしているといいます。

「映画や本からインスピレーションを受けるということはあまりないかも。歌詞を書くときは、ひたすら自分の思い出を掘り起こす(笑)。じっくり自分の中に潜って行き、その時々の気持ちの動きを言葉で表すようにしています。それと、人の思い出をインプットして自分に置き換えるというのも一つの方法。私自身、共感力が強い方なんだと思います」

価値観が変わるような時期を越えて、色んなことが少しずつ軌道に乗り始めている今。仕事や生き方に自信を持って取り組めるよう、何か心がけていることはあるのだろうか?

「何かを始めるとき、私は昔から『イメージできないことはしない』と決めているんです。やる前に、イメージし切ってから、実践することをすごく大事にしているので。ツアーの準備をするにしても、何となく自分でイメージできないと、絶対形にはできないから。まずは想像してみる。それが自信を持って何かを始める裏付けになるんじゃないかな」
pattern_1
イメージを形にする作業は、現在進行中のソロツアー準備で、まさに行っていることでもある。

「長いことみんなと会えていないので、ライブを再開できること自体が、まず夢みたい! お客さんには、ライブに来て、やっぱり生で観たり聴いたりするのはいいよね、っていうことを体感して欲しい。ライブを通して、もう一度エンターテイメントの力を伝えたいと思っています。

グループとは違って華やかさやパワーは控えめになるかもしれないけれど、その代わり毎回、自分次第で全く違ったものを見せられるというのがソロの醍醐味。瞬間瞬間で、軽やかに色んな色の自分を見せていきたいですね!」

最初は世界の変化に戸惑って、立ち止まった。でも今は、近い未来に胸を高鳴らせ、生き生きと走る宇野ちゃんが、そこにいる。

例えば「自分を好きでいたい」とか「誰かと共感し合いたい」という確かな気持ちが一つでもあれば、それを足掛かりに人は進んで行けるのだということを、宇野ちゃんは身をもって私たちに証明してくれている。いつでもアップデート&リスタートするきっかけは、自分の胸の中にあるのだ。
次のページ>>宇野ちゃんが憧れる「これからの世界」とは?  
29 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ