ピープル
#おしゃれOLさんの憧れアイコン

後藤真希 「昔も今も、ファンのみんなとは距離が近いんです!」

元「モーニング娘。」のメンバーで、現在はタレントとして、またYouTubeでも活躍している後藤真希さん。先ごろ放送された音楽番組では、「AKB48」との共演が「ゴマキ可愛すぎる!」と話題になり、デビューから20年が経つ現在も、その輝きに魅せられた新たなファンが多く生まれています。年末にはファン待望の初めての配信ライブを控える彼女に、ライブのこと、アイドルとしてのこと、さらに最新の美容事情や体づくりについてまで伺いました。前後編でお送りします!

初の配信ライブを開催! できるかな? とドキドキしています

pattern_1

――12/20に初の配信ライブが開催されますが、音楽番組に出演されることはあっても、しっかりとしたライブはかなり久しぶりになりますね。準備は進んでいますか?

後藤真希さん(以下敬称略) 少しずつですね。今(11月末)はなんとなく歌う曲が決まったので、ひとりで車に乗ったときなどに、曲を歌う順に流して、徐々に慣らすようにしています。ただ、まだリハーサルは始まっていないので、自分でも感覚がつかめていなくて。まだまだこれからという感じです。

――ダンスがある曲もありますよね?

後藤 はい。1曲はもともと振り付けがあった曲なので、それは息が上がらなくなれば大丈夫かなって(笑)。ただ、他に新しく振り付けをつけた曲もあるので、そのあたりは「大丈夫かな? できるかな?」というドキドキはありますね。ライブ配信までに、磨き上げていかないと!

――ライブでは、ソロになってからの楽曲とともに、「モーニング娘。」時代の楽曲も披露するかも、ということですが、それぞれの時代の自分自身に、違いはあるのでしょうか。

後藤 う〜ん、そうですね。やっぱり多少は別という感じはあると思います。ただ、あまり明確な分けかたではないかな。今回の配信ライブでは、ソロデビュー曲の「愛のバカやろう」という曲も歌う予定なのですが、リリースした当時のパフォーマンスとは全然違うものになっているなと。仕上がりが別物なんです(笑)。他の楽曲にしても、いろいろなことを経験した今だからこそ、(歌の内容が)より伝えやすくなってきたというか、歌詞にしても思いが乗るというか……。だから、昔からのファンの方たちは、当時まだまだ表現がおぼつかなかった頃を思い出しながら、『懐かしいな』って思ってほしいですね。「ちゃんと大きくなりましたね」みたいな(笑)。そういう風に見てもらえたら嬉しいです。
pattern_1
次のページ>>決めなきゃいけないところは決める! 時間が経ってもその感覚は残っていました  
50 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ