ピープル
#おしゃれOLさんの憧れアイコン

紗栄子が発言に説得力を持たせるために欠かさず行う“あること”とは?

紗栄子 心を震わせ続ける生き方

「困っている人がいたり、どうなってしまうのかわからない命が目の前にあったから、手を挙げただけ。今は人生の選択として、目の前の命を助けることに心を傾けている」その瞳が捉えているのは、どんな景色なのか。社会支援活動や持続可能な牧場運営を目指した那須への移住など、次々と行動を起こし続ける紗栄子さんに、パワフルな生き方の源泉を聞いてみた。
pattern_1
ジャケット、ワンピース、サンダル/スタイリスト私物
Profile
1986年生まれ、宮崎県出身。女優、タレント、モデルとして活躍。10代のころから、アパレルやコスメブランドのプロデュースなど様々な商品開発に携わる。10年以上前から支援活動も積極的に行い、2019年には災害時に必要な物資の運搬などの支援活動を行う一般社団法人「Think The DAY」を設立。2020年より栃木県へ拠点を移し、牧場「NASU FARMVILLAGE」の運営を開始。公式YouTubeチャンネル「Sae Channel/紗栄子Official」では、魅力あふれる自然体な姿にも注目が集まる。

自分らしい選択をするために大切にしていることはなんですか?

これまで会社の立ち上げやファームの運営、大手芸能事務所からの独立など、大きな選択を積み重ねてきた紗栄子さん。その選択の背景には何があるのかを探ってみました。

自分の目で見たものを信じる

「今の時代、情報が溢れすぎて何を信じていいのかわからないですよね。だから私は、気になったことは自分の目で見に行って確かめる。そうすれば知識が増すし、説得力も増すと思うんです」と語る紗栄子さん。扱う商品についてももちろん全て実際に自分で使用して、試している。「社長といえども、私も勉強中の身。会社の規模もまだ小さいので、自分の目で一つひとつ確かめることで、従業員のみんなとコミュニケーションが取れている面もあるんですよ」

同じ船に乗ってくれる人と動く

pattern_1
今いるスタッフは、紗栄子さんの理念に共感して集まってきた人たち。

「仕事仲間は家族よりも長い時間を共にするわけだから、気持ちよく働けることはとても大事。同じことに心を震わせて、同じモチベーションで取り組める仲間と、一つの船の乗組員として動いていきたい。

今はピンチの時も『一緒に頑張ろう』って支えてくれる仲間がいてくれて、本当に幸せ。私自身も仲間たちに寄り添い、背中を押せる存在でありたいです」

プロダクトは生産者目線で考える

pattern_1
紗栄子さんが手掛ける商品は、作り手や環境に配慮したものばかり。

「以前は、コスパなどを重視して消費者目線で商品開発することが多かったんです。でも、限られた資源を次世代に残すためには、生産者や地球環境のことも考えて商品を作ったり、選んだりすることが必須。そういったことにこだわると利益は減ってしまいますが、それは天秤にかけるものじゃないと思うんです」。

「Think.」では売り上げの一部を支援活動に充て、地域に還元するなど持続可能な仕組みづくりにも取り組んでいく。

自分たちにとって、幸せでいられる場所で子育てする

pattern_1
10代の頃からずっと注目を浴び続ける存在だった紗栄子さんは、「親子水入らずで、手をつないで一緒に出掛ける」というような普通の親子ができることがなかなかできなかったという。

「息子たちに『海外の学校に行ってみない?』と提案したのも、日本よりものびのび生活できるかなと思ったから。子供が子供らしく生きられる場所、私たち家族が幸せを感じられる場所をいつも選べる自分でありたいと思っています」
次のページ>>新しいことを始めたい読者のお悩みに、紗栄子さんが 答えてくれました!  
40 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ