ピープル
#おしゃれOLさんの憧れアイコン

モデル・高山都「和製テイラー・スウィフトとして、過去の大失恋を語ります!」恋愛観と、結婚観のこと【短期連載第3回】

ライフスタイルやファッションのみならず、その考え方や生き方にも共感する人が絶えない、モデル・女優の高山都さん。連載第3回目は、貴重な恋愛談(前編)をお届けします。

「いいなと思ったひとには自分からアプローチします」

取材中、スタッフとも分け隔てなく接する気さくな高山さん。そんな高山さんだからこそ、女友達のような感覚で聞いてみたいのは、恋愛の話。

「ここ最近は、恋愛していたり、していなかったり。恋愛ってよく駆け引きする人いるじゃないですか。駆け引き上手な人ってうらやましいんですけど、わたしはあまり得意ではないタイプ。だから、駆け引きしなくてもいい人がいいですね


もしいいなと思う人がいたら、アプローチする方?
仲よくなりたいなと思ったら『一緒にご飯行きませんか?』と自分からアプローチします。わたしは仕事が忙しくなればなるほど、自分のオフィシャルな部分とアンオフィシャルな部分が対になって、その両方が充実することで日々が頑張れるようなタイプ。だから、ありがたいことに仕事で求められる『高山都』の立ち位置が確立してきた今、友達と気兼ねなく過ごす時間や、パートナーとの時間がより豊かになったらいいなと思います」
次のページ>>「“絶対的結婚観”はもうないけれど、その時がきたら結婚したい」  
24 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ