ピープル
古市憲寿「結婚の正体をさがして」

【古市憲寿×みたらし加奈】同性婚ができなくてもラブラブな関係を保つ秘訣とは?

pattern_1

まだ同性婚ができなくてもラブラブな関係を保つための秘訣とは?

社会学者の古市憲寿さん(独身)が、世の女子を悩ませる“結婚”の正体を暴く!? 今回はSNSで同性パートナーとのラブラブな日常を発信している、みたらし加奈さんと対談!
【みたらし加奈】
1993年生まれ。東京都出身。フリーランスの臨床心理士としてSNSを通してメンタルヘルスやLGBTQ+の認知を広める活動をしている。昨年、初の書籍『マインドトーク-あなたと私の心の話-』を発売。パートナーと共に運営するYouTubeチャンネル「わがしChannel」では、ライフスタイルやファッション、ビューティの情報を発信している。

同性だからこそ性役割を度外視した協力関係を築きやすい

■古市さん(以下・古) 「パートナーの女性と一緒に配信されているYouTubeを拝見しましたが、本当に仲良しカップルですよね」

■みたらしさん(以下・み) 「ありがとうございます。YouTubeは二人の思い出を記録する感覚で気軽に始めたのですが、次第に視聴者の方々から『LGBTの人たちへの偏見がなくなった』といった声をいただくことが増えてきて。今は、社会的な意義も感じながら動画制作に励んでいます」

■古 「みたらしさんは、ずっと女性が恋愛対象だったのですか?」

■み 「いえ、男性と付き合ったこともあるんです。同性との交際は今のパートナーが初めてですが、好きになった人がたまたま女性だったという感覚で。たぶん私はパンセクシャル(全性愛者)と呼ばれるセクシュアリティなんだと思います」

■古 「以前と付き合う相手の性別が変わったことで、恋愛観に何らかの変化はありましたか?」

■み 「男は仕事で、女は家事……みたいな、凝り固まったジェンダーロールにとらわれない関係性を築けることが新鮮でした。世間が思う性役割を度外視して、お互いに得意なことをやって支え合っていけるのは、すごく居心地がいいですね」
次のページ>>日本でも同性婚が可能になったら、結婚したいですか?  
21 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ