ピープル
古市憲寿「結婚の正体をさがして」
22.Sep.2020

【古市憲寿×イガリシノブ】独身女子が磨いておくべきスキルって何だと思いますか?―結婚の正体をさがして 拡大版―

イガリシノブさん&古市さんがアンサー!【結婚お悩み相談室】

with読者から寄せられた、結婚に関する悩みをピックアップ! 古市さんとイガリさんに意見を聞いてみました。二人とも自分の考えをはっきりと口にするタイプなので、優しい回答ばかりとは限りません……あしからず。

今回のお悩み:専業主婦が少数派な時代の “花嫁修業”って?

共働きが当たり前で、男性が家事や育児にも協力的になってきている今、昔ながらの花嫁修業って必要ですかね?  独身女子が磨いておくべきスキルって何だと思いますか?(埼玉県・25歳)

個人的にインテリアのセンスって大事だと思う(古市)

■イガリさん(以下・イ) いやいや、料理はできたほうがいいよ! 別に写真映えしなくてもいいし、お手軽なやつでいいから。夫婦がお互いに仕事でヘトヘトだったりして、外食するのが面倒な日がありますよね。そういうときに、冷蔵庫にあるものでパパッと料理が作れたら、何よりも自分がラクなんですよね。

■古市さん(以下・古) 家事って、結婚しなくても必要なスキルですよね。一人の時間も豊かにしてくれるような知識や技術を身につけておけば、必ず将来に役立つんじゃないかな。

僕は最近、オンラインのミーティングが増えて、インテリアのセンスって意外と大事だなって思うんですよ。たまに、家具の色調とかテイストがすごくチグハグな人がいるじゃないですか(笑)。

■イ
 わかる! 「え、その部屋に、そのカーテン?」みたいな(笑)。

■古 お金をかけなくても、多くの人が居心地の良さを感じるような空間は作れるはず。掃除はロボットがやってくれるけど、インテリアのコーディネートはしてくれませんからね。結婚しなくても、学んでおいて損はないはず。
pattern_1
【イガリシノブ】
雑誌・広告などのヘアメイクを手掛けるほか、コスメブランド「WHOMEE」の開発ディレクターやメイク講師としても幅広く活動する。『イガリメイク、しちゃう?』『裏イガリメイク、はいどうぞ』など著書多数。29歳で離婚を経験。再婚後に30代で出産。現在はシングルマザーとして仕事と子育てに奮闘している。
【古市憲寿】
1985年生まれ。東京都出身。慶應義塾大学SFC研究所上席所員。社会学者として、若者の生態を的確に描出した著書『絶望の国の幸福な若者たち』などで注目を集める。最新刊はアムステルダムを舞台に元俳優との出会いを描いた『アスク・ミー・ホワイ』。

↓大反響!田嶋陽子さんと古市さんの対談もチェック

イラスト/死後くん 取材・文/浅原聡 ※再構成 with online編集部
 
18 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ