ピープル
古市憲寿「結婚の正体をさがして」
21.Nov.2020

【古市憲寿×秋元才加】「『結婚=永遠の愛』だと思わない」という言葉の真意とは?

“男前”なキャラクターで人気だった元アイドルの結婚観とは?

社会学者の古市憲寿さん(独身)が、世の女子を悩ませる“結婚”の正体を暴く!? 今回は今年6月に結婚を発表したばかりの秋元才加さんと対談!
pattern_1
【秋元才加】
1988年7月26日生まれ。千葉県出身。2006年にAKB48に2期生として加入してデビュー。2013年に卒業して本格的に女優活動をスタート。今年は映画『山猫は眠らない8 暗殺者の終幕』でハリウッドデビューを果たす。私生活では、かねて交際していた人気ラッパーのPUNPEEさんと6月20日に結婚。

「誰かに幸せにしてもらう」という感覚がないんです

■古市さん(以下・古) 「結婚したことで生活は変わりましたか?」

■秋元さん(以下・秋) 「結婚を視野に入れて1年くらい前から同棲を始めていたので、生活はあまり変わらないですね。『普段から旦那さんにラップで話しかけられるんですか?』って聞かれることが増えたくらいです(笑)」

■古 「それは面倒くさいな(笑)。結婚すると、ラッパーである旦那さんの個性が奥さんの印象にも影響を与えるということですね」

■秋 「自分は何も変わっていないけど、夫のイメージが自動的に乗っかってくる感覚はあります。逆に、私も言動に気をつけないと夫や家族に迷惑をかけてしまう可能性もあるわけで、もう自分の思いだけで好き勝手に生きるわけにはいかないなと」

■古 「それって楽しいんですか?」

■秋 「率直に言うと、見えない鉄の鎧をつけているみたいな感覚が少しありますね」

■古 「めちゃくちゃ窮屈じゃないですか。僕には無理かも……」

■秋 「そもそも結婚という制度にあまり自由は感じられないというか。選択的夫婦別姓制度もまだ日本では導入されていないから、私を含めて多くの女性は姓を変えることを受け入れることになるわけで。夫のことは大好きですが、そこに関しては少し戸惑いましたね」
次のページ>>腹を据えて人生を共にするなら、この人しかいないと思った  
21 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ