ピープル
山崎育三郎「はなうたまじり」
23.May.2020

山崎育三郎×宮野真守 後編「ところで、最後に僕から質問があるんですけど……」【連載 はなうたまじり】

■山崎 そういう意味では、目の前にお客さんがいるライヴは一番自分が出しやすい?

■宮野 僕はすごく緊張するんです。みんな“僕”を見にきてくれるから、絶対に満足して帰ってもらいたいって思う

■山崎 おんなじだわ(笑)。

■宮野 すーごい緊張する。ちょっとのミスも許されないと思いながらやってます。

■山崎 あ、俺それは逆かもしれない。ミュージカルって、演出家がいて、セリフがあって、役も衣装も決まって、相手役がちゃんといて。全部決まった中でやっているじゃない? でも、ライヴは全部自分が正解なので。歌詞を間違えたり、立ち位置やフリを間違えたりしても、自分らしくいることが正解の唯一の場所だと俺は思ってて。昔は緊張してたんですけど、ここもしんどい場所にしたら、ダメになっちゃうな、と。

■宮野 それもなんかわかるなぁ。ところで、最後に僕から質問があるんですけど………………僕はなんて呼べばいいんですか?

■山崎 (爆笑しながら)こっちは、年下なのに初めから「ミッキーだ!」みたいなノリで「まもちゃん!」だからね。じゃあ、“いっくん”でお願いします。

■宮野 (目を輝かせて)“いっくん”にします。よかった、これでやっと呼べる(爆笑)。
pattern_1

《宮野真守さんのはなうたテーマ》

「We Are The World」 USA For Africa

まもちゃんからイメージする曲としては、すぐこれが浮かんだね! 彼はジャンルを超えたエンターテイナーだし、世界を平和へと導いてくれる逸材だと思うから。そして、歌もだけど、いつかふざけ倒すだけの企画も一緒にやってみたい。マモちゃん、面白いので。今もこの曲を挙げたら「大喜利や!」って隣でうるさいうるさい(笑)。
pattern_1

PROFILE

宮野真守

1983年6月8日生まれ。埼玉県出身。シングル「光射す方へ」、BD&DVD「MAMORU MIYANO ASIA LIVE TOUR2019~BLAZING!~」が絶賛発売中。

山崎育三郎

1986年1月18日生まれ。東京都出身。現在放送中のNHK連続テレビ小説「エール」では、窪田正孝演じる主人公・古山裕一の幼なじみで、のちに歌手となる佐藤久志役で出演。7月期水曜ドラマ「私たちはどうかしている」(日本テレビ系)に多喜川薫役で出演予定。
撮影:田上浩一 ヘアメイク:Nakatan(i 宮野さん/C+)、松原美穂(山崎さん/Nestation) スタイリスト:横田勝広(宮野さん/YKP)、百瀬豪(山崎さん) 取材・文:菊地陽子 ※再構成 with online編集部 ※商品情報はwith2020年6月号発売時点のものです。
 
24 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ