ピープル
山崎育三郎「はなうたまじり」

山崎育三郎×明日海りお「いつかふたりでディナーショーツアーしたいな」【連載 はなうたまじり】

■山崎 コンサートといえば、11月に武道館のライブに出てくださるんですよね! 僕のステージが退団後初の、歌のお披露目なんですよね。「エリザベート」のトートの先輩と共演できるのが嬉しくて。

■明日海 私もすっごく楽しみです。

■山崎 ふたりでディナーショーツアーしたいなって思ったんですよ、よくない? 何年後に実現できるかわからないけど。さっきホテルを歩きながら“あ、ふたりでツアーしたら楽しいな”と想像が膨らんで。

■明日海 嬉しい、私、カバン持ちでもなんでもします。

■山崎 何言ってるんですか(笑)。明日海さん、歌も踊りもトークも演技も、あの厳しい世界でやってきたんだから、これからどの分野に行ってもなんでもできると思う。楽しみですね。

■明日海 心強い。今は何をするにも初心者で、自分が落ちがちになっちゃうんですよね。

■山崎 わかります。でもこれはね、アホスイッチを入れるのが大事。思いっきり好きなように楽しんでやったもん勝ち。実力も技術もあるので、それを自由に楽しんで欲しいと思います。絶対大丈夫。

明日海 やっぱり同級生とは思えないなあ(笑)。ありがとうございます、勇気をもらいました。
pattern_1

《明日海さんのはなうたテーマ》

『Aimer』from Roméo and Juliette

今回の鼻歌に育さまが選んだのは、宝塚とミュージカル、それぞれで同じロミオ役を演じた「ロミオとジュリエット」より、「エメ」。

「ふたりの共通作品であり、ロミオをはじめ、男役としてこなしてきたたくさんの役に幕を閉じ、これから女性として、ジュリエットとして新たな経験を重ねていく明日海さんに、この曲を贈りたいと思います」

PROFILE

明日海りお

1985年静岡県生まれ。2003年に宝塚歌劇団に入団後、2014年にトップスターに就任し、5年半にわたって在任。以降芸能活動を開始。「山崎育三郎 THISIS IKU 日本武道館」にゲスト出演。来年1月より退団後初舞台となる「ポーの一族」が上演される。

山崎育三郎

1986年東京都生まれ。明日海りおさんをゲストに招いた「山崎育三郎 THIS IS IKU 日本武道館」は大成功を収める。2021年4~6月、帝国劇場ほかにてミュージカル『モーツァルト!』の出演が決定。
撮影/田上浩一 ヘア&メイク/松原美穂(山崎さん・Nestation)、平山直樹(明日海さん) スタイリング/百瀬豪(山崎さん)、大沼こずえ(明日海さん) 取材・文/吉野ユリ子 撮影協力/帝国ホテル ※商品情報はwith2020年12月号発売時点のものです。 ※再構成 with online編集部
26 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ