ピープル
山崎育三郎「はなうたまじり」

山崎育三郎が作品に参加する時に一番大事にしていること「台本に書かれてないものが生まれる瞬間ってワクワクする」【山崎育三郎×井之脇海】後編

山崎育三郎【はなうたまじり】

人と会って、話して、楽しくて。思わず鼻歌を歌いたくなる。歌で心に温もりと潤いを届ける“歌うスーパー美容液”山崎育三郎さんが、「今会いたい人」と「こんなことやってみたい」ということを実現して、おしゃべりもするこの連載。 

ゲストは映画『ミュジコフィリア』で共演した井之脇海さん。音楽を題材にした作品ということで、今回はグランドピアノを囲んで撮影を。劇中では反目し合う間柄だけど、楽し気にピアノを弾き、微笑む二人。対談では気づけば井之脇さんのお悩み相談に!?

井之脇海さんとピアノレッスン[後編]

pattern_1
〈井之脇さん〉ニット¥39600、カットソー¥24200、パンツ¥38500/AURALEE 〈山崎さん〉ニット¥39000/ザ ヴィリディアン

芝居はセッション。台本にないものが生まれた瞬間は感動する

■井之脇 育三郎さんが作品に参加する時に一番大事にしていることはなんですか?

■山崎 セリフを完璧に覚える、役の解釈を深めるといった準備は大前提だけど、現場に入ったら、準備してきたことを一回ゼロにする。相手の役者さんと向き合った時に感じて、受けるものを大事にしてる。

■井之脇 わかります。僕もお芝居はセッションだなと常々思っていて。『ミュジコフィリア』での、朔(井之脇)と大成(山崎)が喧嘩して、二人でピアノをガンガン弾き合うシーン。あそこ、台本を読んだ時は正直「なんだこれは?」と思って(笑)。

■山崎 俺も意味わかんなかった(笑)。

■井之脇 撮影の段取りでもお互い探り探りだったけど、本番では、育三郎さんが腕壊れるんじゃないかってぐらいガンガン鍵盤を叩き始めて。

■山崎 アハハハハ!

■井之脇 実は僕もガンガン弾こうと考えていたんです。でも、育三郎さんの芝居というか大成を見た瞬間、ピアノが弾けなくなっちゃって。これがセッションだなと感じました。事前に考えてはいくけど一度忘れる、その積み重ねですよね。
次のページ>>芸能系の学校ってどんな雰囲気なの?   
24 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ