ピープル
山崎育三郎「はなうたまじり」
25.Apr.2020

山崎育三郎×中村蒼 後編「自分の心が動いているか、つながっているかが一番大事」【連載 はなうたまじり】

山崎育三郎【はなうたまじり】

人と会って、話して、楽しくて。思わず鼻歌を歌いたくなる。歌で心に温もりと潤いを届ける“歌うスーパー美容液”山崎育三郎さんが、「今会いたい人」と「こんなことやってみたい」ということを実現して、おしゃべりもするこの連載。 

今回のゲストは、3月30日にスタートしたNHK連続テレビ小説「エール」の撮影で、毎日のように一緒にいる中村蒼さん。少年時代からの幼なじみで、後に作詞家になる鉄男(中村さん)と、後に歌手になる久志(育さま)が、もしもバンドを組んだら? そんな設定で撮影を決行!

後編では、役を演じる面白さや、芝居をするうえで大事にしていることについて、2人の話は深まっていきます。

【中村蒼さんとバンドを組む】後編

pattern_1
(中村さん)ジャケット¥60800、パンツ¥36800/レインメーカー その他/スタイリスト私物

役を通して経験することによって、人として成長できるなって思う瞬間がある

■中村 僕こう見えて、姉といる時はよく喋るんですよ。人見知りだし、積極的じゃないけど、どれが本当の自分かは、自分でもよくわからない。でも、役を演じる時、普段できないことが色々できるのは楽しい。そのことは、間違いなく実感しています。

■山崎 役を通じて、実生活で経験したかのような感覚になることってない?

■中村 あ、あります!

■山崎 あるよね! 俺は、役者をやっていてそれが一番すごいなって思う。自分の人生では起こらないようなドラマチックなことや辛いことを、役を通して経験することによって、人として成長できるなって思う瞬間があることが。

■中村 人間の感情って複雑じゃないですか。すごく楽しい時間を過ごしているのに、ある人が言った一言で、突然悲しくなったりとか。だから僕は、お芝居を通して、人間のいろんな面を見せていけたら、と。

■山崎 芸能界って、いろんな人がいる場所だし、それが蒼くんの個性で、魅力だからね。変わらなくてもいいと思う、俺は。
pattern_1
次のページ>>育さんは、いざ本番となったら、一瞬で風を起こす  
23 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ