ピープル
山崎育三郎「はなうたまじり」
27.Oct.2020

山崎育三郎×笠井信輔 後編「でも、結果的には辞めてよかったと思う」その理由とは?【連載 はなうたまじり】

山崎育三郎【はなうたまじり】

人と会って、話して、楽しくて。思わず鼻歌を歌いたくなる。歌で心に温もりと潤いを届ける“歌うスーパー美容液”山崎育三郎さんが、「今会いたい人」と「こんなことやってみたい」ということを実現して、おしゃべりもするこの連載。 

今回のゲストは笠井信輔さん。年間100本以上観劇しているという、熱狂的な舞台ファンの笠井さん。育さまの舞台も頻繁に訪れ、応援してくれていたそう。そんな笠井さんは昨年独立した矢先にがんが見つかり、半年間の闘病生活から見事復活! 

育さまが「自分たちにできることをって考えたら歌かな、と思って」お見舞いに送ったあたたかいメッセージと歌の動画にとても励まされたという笠井さん、そしてどんなときでもポジティブに発信を続ける笠井さんに自分自身も励ましてもらったという育さま。後半では、病気を乗り越えて笠井さんが感じたこと、働き方に対する意識の変化について語り合います。

【笠井信輔さんとnews show】後編

pattern_1
山崎さん:シャツ¥22000、ネクタイ¥18000、ジャケット、トラウザース¥180000(スーツ価格)/ポール・スミス コレクション 笠井さん:全て本人私物

ガンを経て感じたのは、「今を思い切り充実させて生きなくちゃ!」ってこと。(笠井さん)

■山崎 ミュージカルって海外からくるスタッフも多いし、すごく近い距離で大声で歌い合うし、現実的にできるかどうかっていうのもそうですが、安心してリラックスしてお客様にエンターテイメントを楽しんでもらえる状況を考えるのは難しいです。

そういう中で笠井さんにあの曲を送って、また笠井さんからも返事の動画をいただいて、僕自身も励まされました。病気を乗り越えて感じたことってありますか?

■笠井 変な話ですが、今まで僕は家族にケチと言われていたんです。でもガンになってから「今を充実させて楽しく生きたい!」っていう気持ちが高まって、結果、仕事はないわ、治療費はかかるわっていう状況なのに、「安いもの」じゃなくて「欲しいもの」を選ぶようになったんです

あとは、今熱中症の心配もあるから、炎天下を歩いちゃいけないなと思いながらも、つい日向を歩いちゃう。長く病室にいて、光を渇望してたんでしょうね。
pattern_1
“笠井さんの印象は?”
■山崎 それは、経験された方にしか分からない感覚ですね。でも結局、この瞬間をどう生きるかの繰り返ししかないですよね

■笠井 そう。それでお見舞いも「何が欲しい?」って言われたら、相手の懐を計算して、お金を持っていそうな人には「うなぎ」とか「焼き肉」とか頼んでた(笑)。そんなにお金なさそうな人には吉野家の牛丼頼んだりね(笑)。患者が見舞い人の懐勘定をするんですよ(笑)、面白いよね。

■山崎 明るいなー!!!

■笠井 あと、妻がテレ東に勤めてるんですが、着替えに「I Loveテレ東」って書いてあるTシャツ持ってきた(笑)。それをインスタにあげたら評判になったから、それ以来みんなに面白い派手なTシャツ持ってきてって頼んだんです。すると、待っている間もどんなTシャツ持ってきてくれるかなって楽しみになるし、着ればまた元気になるし、Tシャツを見た看護師さんとの会話もはずむんですよ。
pattern_1
“育さまの印象は?”
次のページ>>結果的には会社を辞めてよかったと思う  
27 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ