ピープル
水曜夜は癒やされたい
16.Sep.2020

【水曜夜は、癒されたい vol. 15】「佐野勇斗がもしも職場の新入社員だったなら……」【後輩としての心構え】

連載「水曜夜は、癒やされたい」

仕事に恋愛に趣味に育児に……とめまぐるしい日々。ふと「なんだか疲れたなあ……」と感じたとき、みなさんはどうやって自分の心を労わっていますか?  何か決定的な原因があった訳ではなくても、突然頑張れなくなる日ってありませんか? そんなときに、寄り添える存在でいたい。

そんな思いから始まった本連載では、今をときめく人物のインタビューを通して、心がふわっと軽くなる言葉や、明日から頑張るエネルギーをチャージできるようなエピソードをお届けしていきます。

今回は、立て続けに映画に出演し注目が集まる俳優、佐野勇斗さんが引き続き登場。仕事への向き合い方や人間関係の築き方について、たくさんお話ししてもらいました。笑顔で語る佐野さんの素直な言葉から、自分らしく楽しく過ごすためのヒントが見つかるかも。

前回の記事はこちらからチェック

スペシャルムービー『もしも、職場の新入社員が佐野勇斗だったなら……』

今回、with読者から募集した「実際にオフィスでときめいたエピソード」をもとに作ったシーンを佐野さんに実現していただきました! 思わず、「こんな後輩男子、反則!」と思ってしまうこと間違いなしの、佐野さんの胸キュン映像にぜひ癒やされてください。動画は近日公開予定! お楽しみに。

それでは佐野さんのインタビュー、スタートです!

2015年の映画『くちびるに歌を』で俳優デビューを果たして以来、活躍の場を広げている佐野さん。インタビュー第2弾では、「後輩男子としての気配り」をテーマにお話していただきました。

年上の人には積極的に聞きにいきます!

pattern_1
――M!LKの中では最年長でまとめ役の佐野さんですが、with読者にとっては後輩的ポジションにあたる22歳。仕事の現場などでは年上の方と一緒になることの方が多いのかなと思います。“年下”として意識をしていることはありますか?

佐野さん(以下、敬称略) 実は、それについて悩んだ時期があるんです。僕は長男だし、M!LKの中でも最年長だし、 “歳上”のポジションに立つことの方が多かったんです。下の子との接し方はわかるけれど、上の人とあまり接したことがなかったので、「どうすればいいんだろう」と思って、コミュニケーションの本を読んだりしていました。

そしたらそこに「人間は、特に先輩は自分のことを喋りたい。だからたくさん質問をした方がいい」って書いてあって(笑)。
pattern_1
――(笑)!

佐野 やばい! こんなこと言っちゃったら、先輩に「だから質問してくるんだな」と思われちゃいますよね(笑)! 決してそれだけではありません(笑)。

でもやっぱり、誰だって自分の話をしたいと思うんです。僕もそうですし。だから、何か迷ったことがあったり、きっかけがあれば「先輩、どうやってやったらいいと思いますか?」というのはよく聞きます。自分からコミュニケーションをとったり、たくさん質問したりすることは大事なのかなと思っています。
次のページ>>大人数の場は苦手だけど、カラオケに行ったら歌います!  
40 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ