ピープル
水曜夜は癒やされたい
01.Jul.2020

【初告白!どうしても直せない癖とは?】「もしも、職場の後輩男子が俳優・伊藤健太郎だったなら……」【水曜夜は、癒やされたい vol.3】

「水曜夜は、癒やされたい」新コーナーがスタート!

仕事に恋愛に趣味に育児に……とめまぐるしい日々。ふと「なんだか疲れたなあ……」と感じたとき、みなさんはどうやって自分の心を労わっていますか?
何か決定的な原因があった訳ではなくても、突然頑張れなくなる日ってありませんか? そんなときに、寄り添える存在でいたい。
そんな思いから始まった本連載では、今をときめく人物のインタビューを通して、心がふわっと軽くなる言葉や、明日から頑張るエネルギーをチャージできるようなエピソードをお届けしていきます。

ドラマに映画に、数多くの作品に出演し、多岐にわたるキャラクターを演じている実力派俳優・伊藤健太郎さんが登場。
伊藤さんの仕事への向き合い方から、人間関係の築き方やプライベートの過ごし方、ちょっと変わった癖(!)まで掘り下げながら、4回にわたってお届けします。今回はその3回目。
伊藤さんのポジティブマインドから、人生を前向きに楽しく過ごすヒントが見つかるかも!

スペシャルムービーもお楽しみに

2020年6月30日に23歳の誕生日を迎えたばかりの伊藤さんは、with読者にとって後輩的ポジションにあたる年齢。ということで、スペシャルムービー『もしも、職場の後輩男子が伊藤健太郎だったなら……』を撮影。そちらは近日公開予定ですので、お楽しみに。

それでは伊藤健太郎さんのインタビュー、スタートです。

pattern_1
2014年『昼顔』で俳優デビューを果たして以来、活躍の場を広げている伊藤さん。インタビュー第3弾は、「リフレッシュ方法」をテーマにお届けします。
様々な作品にチャレンジし続けている伊藤さん、一体いつ、どのようにリフレッシュしているのでしょうか?
伊藤さんが子どもの頃から「どうしても直せない癖」についてもこっそり教えていただきました。

気持ちを切り替えたいときは違う世界に没頭する

――疲れたり、自信をなくしたり…なんて時は、どうやって気持ちを切り替えていますか?

伊藤 何かしらの世界に没頭するようにしています。大抵の場合は、それが映画なんですけど。とくにアクション映画が好きなので、見ているとその世界に入り込んで、大抵のことは忘れられます!

――なるほど。仕事もプライベートもうまくいかずなかなか立ち直れない、というお悩みに解決策をぜひお願いします。

伊藤 うーん、きっと凹む理由って人それぞれありますよね、だから、「こう!」って断言するのも難しいですけど……。僕もミスすることはありますけど、人間、そう簡単に立ち直れないと思うんです。だから僕は、無理に気持ちを切り替えようとせず、時の流れに身を任せます。落ち込んだときに一番必要なのって、何かをすることじゃなくて、時間だと思うんですよ。それで何とかやり過ごしているうちに、「あれ?なんだっけ?」と気にしないでいられるようになることが多いですね。

――もともと落ち込みやすいタイプですか? それともあまり落ち込まない?

伊藤 ドーンと落ち込んだりすることはあまりないですけど、「ツンッ」ぐらいに落ち込むことはたまにあります。そういうときも、ワーッと奇声を発してスッキリして終わります。

――奇声って、どこで発するんですか!?

伊藤 車の中です。そこなら人に迷惑をかけないし、安全なので。マネージャーさんはびっくりしてますけどね(笑)。でも最近、声を吸収してくれる壺があることを知ったんですよ。どんなに大きい声で叫んでも、ポロロって可愛い音になるんです。車がない方には、それをオススメします!(笑)
次のページ>>「絶対にリベンジしたいこと」とは?
30 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ