withonlineロゴ
スペシャルインタビュー

【寺島しのぶ】女優として輝く寺島さんも不妊に悩んだ過去が。『あまり自分を追い詰めないで』

人間関係
with2022年5月号「輝き続けるあの人の秘密」に登場した寺島しのぶさん。今回は、誌面に掲載しきれなかったエピソードを3回にわたってご紹介します。第1回は、国際結婚秘話から6年にも及んだ不妊治療について。

事実婚も考えた国際結婚

本誌インタビューで、ローラン・グナシアさんとの16年間続く結婚生活について語ってくれた寺島しのぶさん。国際結婚は当初、事実婚も考えていたといいます。

「ローランの母国・フランスでは事実婚が一般的で、実は、私もそういう形のほうがいいかなって思っていたんです。何かあったらすぐ別れられますしね(笑)。

というのもローランは、結婚がとっても似合わない人なんですよ。私との結婚は2度目でもあるし、マイペースで基本は一人でいたい人。

それでも結婚という形を取ったのは、私には伝統的な家族がいて『入籍なしに結婚することは無理だよ』とまわりから言われていたみたい。でも、うちの家族だったら事実婚でも大丈夫だったと思うんですけどね」
 

大体のことはできているのに『何で子どもはできないんだろう』


〝男気〟を見せてくれたローランさんとの結婚生活で、寺島さんは人生で初めてともいえる壁にぶつかる。それが妊活だった。

「仕事をセーブするということは、結婚するときには全く考えていなかったけれど、子どもがなかなか授からなくてセーブせざるをえなくなって。やりたい仕事をさせてもらって、賞もいただけて、結婚もして……、大体のことはできているのに『何で子どもはできないんだろう』という葛藤が6年以上続きました」
次のページ>>不妊治療に対する夫の意外な反応
 
27 件
カテゴリーの記事一覧

SHARE

AUTHORS