ピープル
小島慶子「令和女子のための新・教養」
23.Aug.2020

小島慶子「夫? 主人? 新しい夫婦の関係」―自分は夫を主人と呼びたいか?考えてみて【令和女子のための新・教養】

オトナになるって楽しい!小島慶子の令和女子のための新・教養【Vol.11】

pattern_1
もはや六本木ヒルズの多目的トイレの前を無心に通り過ぎることはできない昨今ですが、皆さんはどんな心境であの騒動を見たでしょうか。

かの芸人さんとはお仕事でご一緒したことがあります。人当たりがよく、女性を褒め慣れているなという印象でした。この年齢のこんな感じの女性にはこう言えば刺さるだろうというのを心得ている感じ。

場数を踏んでいるなあとは思いましたが、その時はそれを芸能界での社交スキルとして駆使しているのだろうということ以外、特に強い印象はありませんでした。

ラジオで相方の芸人さんが語った内容を聴きましたが、彼は身近な人への接し方に問題があったようですね。女性をモノのように扱ったという今回の報道を見て、周囲の人はいろいろ思うところがあるでしょう。

妻が気の毒だという声はもっともですが、夫婦のことは夫婦にしかわからないので、彼らがどうするべきかは周りが言うことではありません。ただ「あんなきれいなヨメがいるのになぜ!」という声には毎度ひっかかります。

それじゃ、きれいじゃない妻だったら、しょうがないのか。こういう意見はそもそもが「男の浮気は、女が男を満たしてあげられなかったせい」という発想に基づいています。

女性は男性に性的な奉仕をするのが当然というセクシスト思考。男性が自分の欲望をどうコントロールするかという問題なのに。
「あんなきれいなヨメがいるのに!」は、多くの男性が憧れるあんな超絶きれいな15歳も年下の若い妻とセックスできるのに、他の女に走るなんてどれだけ欲張りだよ!(きれいじゃない妻だったら、気持ちはわかるけどさ)という言い方だからひっかかるのです。それ、全然妻のことを思いやってないじゃん。

あなたはどうかな。女性は男性の性欲を受け止めてあげないといけないと思ってやしないでしょうか。ご奉仕するのが愛情だと。それは全然対等じゃないですね。

今は「同意がない性行為は性暴力」という考え方が浸透しつつあるけれど、同意してないわけじゃないけど今はちょっと……でもここは受け止めてあげるのが恋人のつとめ……と思ってセックスに応じたことのある女性はたくさんいるでしょう。私もありますよ。結構惨めな気持ちになるものです。それ、断ってよかったんですよ。

それで彼が浮気をしたら? と心配なら、むしろ本性を知るちょうどいい機会です。それで浮気をするようなら、別れましょう。

セックスについてパートナーの気持ちを尊重できない男とはどのみち一緒にいてもろくなことになりません。早く別れて次を探すほうがいいです。
次のページ>>「結婚するときに離婚について考える」とは  
16 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ