ピープル
古市憲寿の「OL温故知新」

【働くにまつわる5つの質問】平野レミ「みんなと同じことするの大嫌い!」常識破りな料理のカリスマの土台にある考え方とは?

pattern_1
激動の時代を乗り越えてきた先人たちの声が、きっと令和を生きるOLたちへの応援歌となる。至極の名曲(人生)を集めることを目指して、社会学者の古市憲寿さんによる対談連載、今回のゲストは平野レミさん。

今回は、平野レミさんに“働く”にまつわる5つの質問をぶつけてみました! 対談を通しての古市さんのLINER NOTEもお見逃しなく!

平野レミさんに聞く【働くにまつわる5つの質問】

Q1.もしOLだったら何をしたい?
A. 会社を辞めちゃう!

私は集団行動が苦手でね、学生の頃も修学旅行には一回も行かなかったの。みんなと同じことするの大嫌い! だからもしOLになっていたら、すぐに辞めていたと思うな(笑)。
Q2.生まれ変わって別の仕事をするなら?
A. 農業!土とか泥が大好きだから!

私は和田さんと出会ってなかったら、たぶんずっと独身だったと思う。そしたら家庭料理にハマらなかったはずだから、鍬(くわ)を持って畑に出ていたんじゃないかしら。私は土や泥が大好きだし!これから田舎に行ってそんな生活をするのもいいかなと思ってるの。
Q3.レミさんにとって「結婚」とは?
A. 「運」。

結婚は「絆」とか言う人もいるけど、結局は「運」だと思うのよ。私は和田さんの名前も職業すらもよく知らなかったけど、出会って1週間で結婚して上手くいったわけだから。
Q4.働いて手にした自分のお金の使い道は?
A. CDの自主制作、そしてレミパンの開発費。

私はダイヤとかブランドの服に興味がないの! 仕事で稼いだお金は、レミパンの開発費や歌手としてのCD制作に回していたの。オーケストラのギャラもスタジオ代も全部自分で賄って……あれは最高の贅沢だったわね。
Q5.今後の目標は?
A. 調理ロボットの開発!

外出先からスマホで指示したら弱火にしてくれたり、野菜の下ごしらえを済ませてくれたり。そういう調理ロボットが欲しくない? 手抜きだっていいじゃない! 料理は美味しければなんでもいいのよ! あっ、でもロボットにやってもらっちゃったら、私、職を失っちゃうか(笑)
次のページ>>古市憲寿のLINER NOTE  
25 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ