ピープル
古市憲寿の「OL温故知新」

【働くにまつわる5つの質問】平野レミ「みんなと同じことするの大嫌い!」常識破りな料理のカリスマの土台にある考え方とは?

古市憲寿のLINER NOTE

平野レミさんの料理動画は目が離せない。次に何が起こるか予測ができないからだ。だけどそれは常識破りの連続に思えて、実は理に適っている。確かにトマトを潰すのに、手を使ったら駄目だという法律などない。その料理スタイルは、レミさん自身の人生にも似ている。

シャンソン歌手から国民的な料理愛好家まで、いくつもの肩書を持つレミさんだが、そのベースには愛する夫と、家族があった。レミさんが言うように、帰る場所がある人は強いのだろう。

自分のベースメントがしっかりしている人ほど、人生の冒険がしやすい。「家庭に入る」という言葉は、つい「人生のゴール」を連想させてしまうが、レミさんを見ているとそれが間違いだとわかる。結婚は、人生のリスタートで、冒険の始まりなのかも知れない。
pattern_1

【PROFILE】平野レミ

東京都出身。学生時代にシャンソンを学び歌手としてデビュー。1972年にイラストレーターの和田誠さんと結婚。育児や家事に専念する期間を経て、料理愛好家としての活動を始める。

終始テンションが高く、ボウルの底でニンニクを叩き潰すような豪快な調理法で注目を集める。多機能鍋“レミパン”を大ヒットさせるなどアイデアも抜群。長男はTRICERATOPSの和田唱さん。多彩な家族をまとめる母親としても注目を集める存在。

【PROFILE】古市憲寿

1985年東京都生まれ。社会学者。若者の生態を的確に描出し、クールに擁護した著書『絶望の
国の幸福な若者たち』(講談社)などで注目される。最新作は小説『アスク・ミー・ホワイ』、超俯瞰で日本の歴史を読み直す『絶対に挫折しない日本史』。
pattern_1

↓こちらもチェック!

撮影/金栄珠 題字・絵/中根ゆたか 取材・文/浅原聡 ●再構成with online編集部
25 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ