withonlineロゴ
ryuchell「心のガス抜きしとく?」

「うるさい!」「何回言ったら分かるの!」…つい子供へキツく言って自己嫌悪になっている親たちへryuchellが伝えたいこと

人間関係
with onlineの皆さん、こんにちは、ryuchellです!
子育てってなかなか思う通りにいかないもの。それだけに、自分の気持ちの余裕がなくなってくると、つい言葉遣いもキツくなってしまうことがありますよね。そうならないためにどうすればいいか、そしてもし強く言ってしまったときはどうフォローすべきか。僕が普段気をつけていることをお話ししたいと思います。

vol.59 子供への声がけに悩んでいる親への処方箋

<今回のお悩みテーマ>
3歳の子供がいます。余裕がなかったりイライラしていると、つい「うるさい!」「早くしなさい!」「何回言ったら分かるの!」などと強い言葉が出てしまいます。子供のためにもこういった言い方はしたくないのですが……。ryuchellさんだったらどのように言い換えをしますか? また、子供への声がけで日頃から意識していることってありますか?
 

深呼吸、意外と忘れていませんか?

言葉を意識する前に、まず一番にやるべきことは自分の余裕作りだと思います。コーヒーを一杯淹れてホッとするとか、テレビを見て落ち着くとか、ルーティンを作ってみて。ちょっとソファに座って深呼吸をするのもオススメ。子育てをしていたら深呼吸を忘れるんですよね。僕も息子が寝た後、ソファに座って「ふう」と一息ついたとき、「そういえば全然深呼吸をしていなかった」と気づいたんですよ。それが、息子が1歳のときだったんですけどね。つまり、そこまで気がつかなかったほど余裕がなかったんです!

でも深呼吸とかホッと一息つくことって、子育てをしている人に限らず、毎日一生懸命働いている人も忘れがちじゃないですか。星を見るとか、ちょっと緑を見るとか何でもいいんですけど、フッと我に返る余裕作りというのは、イライラしないためにも本当に大切だと思います。ついつい追われがちな日々ですが、完全に自分のためだけの時間、というのもちゃんと作ることを意識しましょう。香水を買ってつけてみようとか、朝は音楽かけようとか、些細なことでも、自分の余裕作りのためのちょっとの努力は惜しまないことが大切です!
次のページ>>しっかりアフターケアをすることも大事
 
33 件
カテゴリーの記事一覧

SHARE

AUTHORS