ピープル
りゅうちぇる「心のガス抜きしとく?」

いつまでも「過干渉な親」にウンザリ…口出しされないために一番大切なことって?【りゅうちぇるの心のガス抜きしとく?vol.13】

with onlineの皆さん、こんにちは、りゅうちぇるです!

今回は、「大人になっても過剰に干渉してくる親」について取り上げたいと思います。いつまでもやることなすことすべてに口を出してきて、そしてそれに対して子供たちも期待にこたえようと頑張ってしまう人が多いという話を聞きました。僕は親にどう言われるかなんて一回も気にしたことがなかったので、すごくびっくりしました。そこで今回は、このテーマについていろいろ思ったことをお話ししていきます。

vol.13 過剰に干渉してくる親にモヤモヤしている人への処方箋

口出しされないために「行動に移すこと」は超大事

“過干渉な親”について聞いて、僕は親に何か反対されたことがあったかなあ? と考えてみたんですね。そうしたら思い出したのが、東京に行って原宿のショップ店員になろう、と決めたとき。「東京は毎日事件が起きるから行かないでほしい」と親に言われたんですが、僕としては、心配だから言ってるんだろうなあ、くらいにしか受け止めていなかったんです。だからスルーしてバイトしてお金を貯めて、高校3年生の終わりになったときにそのお金をわざわざ全額おろして。バンって机の上に置いて、「これで東京に行きます。ちゃんと行動に移したから何も言わないでね」って言いましたね(笑)。親に口を出されるのが嫌だったので、「口だけじゃないから安心して」と伝えたんです。そうしたら親はもう何も言いませんでした。

だから「行動に移すこと」って、超大事だと思います。もしかしたら口だけで「ちゃんとやるから放っておいて!」と言っているから、親はあれこれ言ってくるんじゃないでしょうか? だって親は、心配するのも仕事みたいなものですから。口を出したいだけなので、あまり気にせずまずは行動してみる。それは大事なのかなって思います。
親は親だし、自分は自分。やっぱり自分の人生ですから、あまり親を気にし過ぎるのは良くない。親のために生きることより、自分のために生きなければいけないと思うんですよ。むしろそれが、僕は一番の親孝行だと思うんですよね。

ただし自分で何も結果を出してない、行動に移せていないのに反抗だけする、というのは違うのかなって。何も頑張っていないのに反抗してきたら、そりゃ親が心配するのは当たり前。だから「しっかりやってるから安心して」ということを、言葉だけじゃなく行動に移して伝えて。それはもう、マストです!
次のページ>>いつまでもいろいろ言ってくるようだったら、距離を置くのもアリ  
26 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ