ピープル
You Only Live Once!-與真司郎(AAA)の人生相談-

與真司郎(AAA)恋愛観のモットー「恋愛は後からこじれるくらいなら、先にこじれたい」価値観の擦り合わせを怖がってはいけない【第13回】

AAAのメンバーとして人気急上昇中だった27歳の頃にLA留学を決断するなど、信念を貫いて独自のキャリアを歩んできた與真司郎さん。この連載では、これまでの活動で得た経験則やメンタルマネジメント術を中心に、あなたが少しでもポジティブになれるような考え方をシェアします。

今回は、恋人に浮気されてしまった女性にアドバイスをもらいました。

今週のお悩み

恋人や友人の裏切り、許すべき? どう心の中で折り合いをつければいい?

「先日、交際歴3年になるパートナーの浮気が発覚しました。許したくないのですが、情があって別れたくない気持ちもあり、モヤモヤしながらも付き合い続けています。

その一方で、会社の同期と一緒に立ち上げたプロジェクトを進めていたところ、その同僚が急に会社を辞めてしまい、とても裏切られた気持ちです。恋愛でも仕事でも不運が続き、人間不信になりそうで……。こんな時、與さんはどのように気持ちの整理をしますか?」

「まずは気持ちがすれ違った原因と、その対策を話し合うべきだと思う」

「何から何まで言う必要はない」という考えには反対

pattern_1
浮気は難しい問題ですね。うん、すごく難しい……。パートナーの謝罪に誠意が感じられて、自分の中にも「好き」という感情がまだ残っているなら、交際を継続するという選択もアリだと思います。けど、これまで僕が見てきた「浮気をしちゃうタイプの人」は、またいつか2回目も3回目もやらかしてしまう可能性が高い気が……(笑)。もう二度とこのようなことが起きないように、魔が差さないように、まずは2人でじっくり話し合うことが大切だと思います。

例えばあなたの仕事が忙しくてなかなか会えなかったり、せっかく会ってもヘトヘトでかまってくれなかったり、もしかしたらパートナー側にも何かしら不満に思っていたポイントがあるかもしれません。それが浮気を肯定する材料にはならないけれど、気持ちがすれ違っていた部分をお互いに確認できれば、「週末は仕事の予定を入れない」とか「一緒にディナーに出かける曜日を決める」などの改善案を話し合うことができますよね。そこをウヤムヤにしたまま交際を続けても、結局は同じ過ちをくり返してしまうような気がします。

そもそも、パートナーとお互い素直に本音を打ち明けられる関係性が築けていれば、恋愛ってすごくラクだと思うんですよね。「何から何まで言う必要はない」って考える人もいるけど、僕は大反対。思っているだけでは相手に伝わっていないことが想像以上に多いから、なるべく言葉にして伝えるべきだと思う。隠し事が少なければ少ないほど恋愛は上手くいくはずだし、信頼関係も深まるんじゃないかなと僕は思っています。
次のページ>>「僕の恋愛観のモットーは、後からこじれるくらいなら、先にこじれたい」  
35 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ