ピープル
You Only Live Once!-與真司郎(AAA)の人生相談-

與真司郎(AAA)「一緒に過ごした15年間で最高の思い出をシェアしたい」AAA15周年ドームツアーに賭ける意気込み【第18回】

AAAのメンバーとして人気急上昇中だった27歳の頃にLA留学を決断するなど、信念を貫いて独自のキャリアを歩んできた與真司郎さん。活動休止前、最後のソロツアーを終え、現在はAAAの15周年記念ドームツアー『AAA DOME TOUR 15th ANNIVERSARY -thanx AAA lot-』が幕開けした。今回は特別編のインタビューとして、すでにいくつかの公演を終えた今、こみ上げる思いを率直に語ってもらいました。

「最後じゃないので、泣くのはガマンしました!」

胸にこみ上げてくるのは「また会いたい」という気持ち

pattern_1
——ドームツアー初日となる埼玉・メットライフドーム公演を終え、今はどんな心境ですか?

久しぶりにメンバーと一緒にファンの皆さんの前に立つことができて、やはりこれまでの15年間のいろんな思い出がフラッシュバックしてきました。今回は隣にメンバーがいたから楽しかった記憶が鮮やかに蘇ってきたのですが……バラードを歌っているときにまたも泣きそうになってしまって。でも堪えました! なるべく泣かないって決めたので! これでお別れではないし、「さようなら」ではなく、ファンの皆さんに「絶対にまた会いたい」という気持ちでツアーに臨んでいます

——12月25日の最終公演を区切りに與さんはソロのアーティスト活動をストップされますが、その日が近づいてくることが寂しいという気持ちもありますか?

まだツアーが始まったばかりなので、寂しさよりも「嬉しさ」や「楽しさ」が勝っています。まだたくさん公演が残っていますし、AAAらしいパフォーマンスを届けることに集中したいですね。全13公演だけど、1公演しか来られない方が多いはず。僕たちにとっては1/13でも、ファンの皆さんにとっては1/1なんだと心に刻み、ひとつひとつ、120%の力を出していきたいです。
次のページ>>「本番前は楽屋を暗くしてヨガでリラックス」新たなルーティンがメンバーからのイジリの標的に!?  
28 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ