ピープル
You Only Live Once!-與真司郎(AAA)の人生相談-

與真司郎(AAA)「重要なのは文法ではなく“人間力”。アメリカで学んだ英語上達の秘訣」【第20回】

「社会人として培った経験が外国人との交流に役立つはず」

英語の勉強を始めるのが遅くても、不利になるとは限らない

pattern_1
そんな調子でマイペースに勉強を続けて、僕の場合は2年ぐらいで一人で海外旅行を楽しめるくらいまで上達しました。時間に余裕がある人の場合は、もっと早く英語を話せるようになると思います。個人的には、もっと早く勉強しておけばよかったと思うし、若い頃に留学を経験した人が羨ましく見えることもあります。でも、焦る必要はありません。大人には社会に出てから身につけた人間力があるはずですし、日本のこともよく知っているはず。その上、人生経験が豊富だから自分の考え方もより確立していると思います。その点では、外国人とコミュニケーションするうえで、間違いなくアドバンテージになります。

僕の友達もそうですが、アメリカ人ってディスカッションが好きなんですよね。人生、仕事、趣味、幸せ、愛……あらゆるテーマでお互いの意見を語り合うシーンが多い。「君はどう思う?」って必ず聞かれるから、英会話以前に、ちゃんと自分のことが分かっていないと会話に参加しにくいんですよね。でも、大人なら語れるネタも豊富だと思うし、環境に溶け込む能力も高いと思うから、本気で取り組めば自分が思っているよりも早く英語を習得できるのではないでしょうか。
次のページ>>操れる言語が増えると、お得な人生が歩めるようになる!
38 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ