ピープル
You Only Live Once!-與真司郎(AAA)の人生相談-

與真司郎(AAA)初の“文字中心”の新刊タイトルは『すべての生き方は正解で不正解』に決定!タイトル決定秘話も

すでにwith onlineやwith公式SNSでお知らせしていた與真司郎さん(AAA)の初となる“文字中心”の新刊のタイトルが『すべての生き方は正解で不正解』に決定! また、刊行日は2022年8月23日(火)に決まりました。タイトル決定までの裏話や、現在鋭意制作中の本書の内容について、さっそく與さんにインタビュー! タイトルに込めた想いや、『すべての生き方は正解で不正解』を通して伝えたいメッセージが編集部に届きました。
pattern_1
ロサンゼルスで撮り下ろした、書籍に収録している先行解禁カット。

「他人に『これが正解だよ』と言われた人生を無理に生きる必要はない」

――自身初となる“文字中心”の書籍のタイトルは『すべての生き方は正解で不正解』。インパクトのあるタイトルですが、どんな意味が込められていますか?

與真司郎さん(以下:與) 「正解」と「不正解」、真逆の言葉が並んだ矛盾したタイトルですよね。裏を返すと、「生き方に正解はないし、もちろん不正解もない」ということ。つまり、誰か他人に「これが正解だよ」と言われた人生を無理に生きる必要はないし、逆に「間違ってるよ」と言われても、自分らしいと思う道なら自信を持って進めばいい。そうやって自分らしい生き方を見つけ、それを信じて生きてほしいという想いをタイトルに込めました。

――他にもいくつかタイトルの候補が上がりましたね。與さんからもたくさんご提案をいただきました。

 頭の中でいくつか候補を考えていたのですが、『完璧な人間なんていない』というタイトルを第一候補として提案しました。人はついつい「完璧な人生」を実現したくなっちゃう部分もあると思いますが、いくら追い求めても完璧になんてたどり着けないし、そもそも完璧の基準は人それぞれですよね。だったら「完璧な人間なんていない」ということを理解した上で、人と比較しない「自分らしい人生」を進んでほしいというメッセージを込めたいと思い、スタッフの皆さんにこのタイトルを提案しました。

「なるべくたくさんの意見を聞いて、客観的な判断を大事にしている」

――與さんからご提案いただいたタイトルも含めて、ギリギリまで迷いましたよね。『完璧な人間なんていない』も最後の最後まで残りました。

 皆さんの反応が良くてよかったです!(笑) ただ、書籍の中でも書いていますが、僕はAAAのグループ活動でも、ソロ活動でも、常に周囲の意見をたくさん聞いて議論をして、最善案を導き出してきました。だから今回もまずは編集の方、ライターさん、マネージャーさんと一緒に話し合い、色々なアイデアを出して議論を重ねましたよね。独りよがりになって出す結論は大体失敗すると思っているから、なるべく多くの意見を、できるだけ客観的な視点で見るようにいつも心がけています。

――他にもたくさんの案が出て、編集部も最後の最後まですごく迷いました。

 約20個以上の案が出ましたね。他には『人生なんてうまくいかなくて当たり前』、『うまくいかない人生がいい』、『1回で成功する人生なんてない』などが挙がりました。皆さんと一緒にギリギリまで議論を重ね、書籍を通して伝えたいメッセージを軸に、最終的にはそれを端的に表現した『すべての生き方は正解で不正解』に決めました。

――制作過程を通じて、與さんはスタッフとの対話をとても大事にされている印象を強く受けました。

 僕は書籍の編集者ではないから、どんなタイトルにすればより多くの人に届けられるのか、正直わからない部分もある。これも本に書いていますが、「自分が苦手な分野は、得意な人を信じて任せる」という考えを僕は大事にしています。何もかも自分で抱え込んでやろうとすると、結局は目指していた成果は得られないことが多いし、何より人を信用しないで生きるのはツラいこと。だから最終的には、僕とスタッフの皆さん全員で出し合った案を並べて議論し、伝えたいメッセージを表現できているか、「より多くの人に本を届ける」という指針に沿っているかを吟味しながら、『すべての生き方は正解で不正解』にしました。

「メンタルヘルスの重要性をもっと多くの人に知ってほしい」

――「自分らしい人生を進んでほしい」というメッセージを込めたいと思った理由は何だったのですか?

 僕自身、AAAとしてデビューして以来、「自分はこのグループに必要とされてない」、「どうせ自分にはできない」というネガティブな感情をずっと抱えていました。けれど27歳の頃にロサンゼルスに留学し、その後移住してから、考え方が180度変わりました。理由は、現地の友人が増え、彼らから「メンタルヘルス」の重要性を教わり、思考を変えることにトライしたから。アメリカはメンタルヘルスの先進国で、みんな心のケアへの意識がすごく高いんです。その影響もあり、他人と比較することなく、自分らしい生き方を実現することが幸せにつながるというメッセージを届けたいと思いました。本の中では、僕が実践している思考の変え方を具体的に書いています。

――『すべての生き方は正解で不正解』の表紙や内容、先行公開カットも順次with onlineで公開予定です。イベントの日程も決まりました。

 完成まであと少し。ギリギリまで粘って、いいものをファンの皆さんやwith onlineの読者さんにお届けしたいと思います。イベントは、久しぶりにファンの皆さんとお会いできる機会になるので、僕自身もすごく楽しみにしています!

刊行記念イベントの開催も決定! 東京は8月21日(日)、大阪は8月27日(土)

與真司郎さん(AAA)の初となる“文字中心”の新刊『すべての生き方は正解で不正解』は8月23日刊行予定。最新の情報は「with online」や「with公式SNS」で順次解禁していきます! なお、刊行記念イベントは8月21日(日)に東京にて、8月27日(土)に大阪にて開催されることも決定しました。刊行イベントの応募方法や詳細は、with onlineやwith公式SNSにて順次告知していきます。

與真司郎/Shinjiro Atae

1988年11月26日生まれ。京都府出身。14歳でエイベックスに入り、2005年9月14日にAAA(トリプル・エー)のメンバーとしてシングル「BLOOD on FIRE」でデビュー。2016年6月には初のソロ作品をリリース。2021年3月〜アパレルのみならず、雑貨、アクセサリー等、自身のライフスタイルを広く表現していくブランド「446 - DOUBLE FOUR SIX - 」(ダブルフォーシックス)の立ち上げを発表し、ブランドプロデューサーとしても活躍。また、「446-DOUBLE FOUR SIX-」の新商品として「Green Pressed Juice(青汁)」をリリース。全ての人が身体の内側から明るくポジティブになることを願い、自身が何度も試作を重ねて理想を追求した自信作。現在は日本とLAを拠点に活動中。
撮影/Akira Yamada スタイリスト/Taiji Goto(SMB International.) ヘア&メイク/Erika Abe 取材・文/with編集部
16 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ