編集部|ウエディング

彼から結婚を引き出すための「逆ギレ理論」とは?

ドラマ『私 結婚できないんじゃなくて、しないんです』の原案にもなった、水野敬也さんの著書『スパルタ婚活塾』から、プロポーズされるための極意を学ぼう! 今回は、「プロポーズを引き出す」3つのメソッドを紹介!!



「逆ギレ理論」
結婚をしぶる態度に怒るor泣く!
“”

男性の罪悪感を突いて結婚へ
煮え切らない相手なら、自分から結婚を切り出すしかない! 彼の反応がまんざらでもなければ、そのまま外堀を埋めていけばいいけれど、 彼が拒絶的な反応を示したら?
「男性に『結婚する気はない』と言われたら、まず怒る。無言で泣くのもOK。さらに『結婚してくれないことではなく、あなたがそんなに簡単に〝結婚できない〞と口にしたことに対して怒っている』という理由でキレるんです。『結婚しないなら別れる』ではなく『あなたのことが好きだから』が大前提です。これが男性の〝罪悪感〞を突き、同時に〝恐怖感〞もすり込むことができるので、 少しずつ結婚に向けて彼の気持ちを準備させることができます」(水野さん)

「逆ギレ」理論の会話例

「俺、まだ結婚は考えられないんだ」
あなた「......」
「ごめん……」
あなた「信じられない」
「しょうがないだろ。今は結婚は考えられないんだよ」
あなたそういうことじゃなくて、……もしかして私がなんで怒ってるか分かってない?」
「結婚できないからだろ?」
あなた全然違うわよ。私が怒ってるのは、結婚をそんなに簡単に『できない』って言えちゃうっていうことなの。だって好きでつきあってるんだから、その先を考えるのが普通じゃない。それなのにあっさり『できない』とかって、私のことバカにしてるじゃん!」
「バカになんてしてないよ」
あなた「してるよ! だって私はあなたのこと好きでつきあってるんだもん。でも、そんなに簡単に『できない』って」……

“”


「NGP(ネバーギブアッププロポーズ)」理論
結婚したいジョークを連投!
“”

本音を冗談でうまく包む
結婚が何となく決まっていても、イベントとしてあらためて男からプロポーズするのが当たり前の時代。あなたから何回結婚話をしても、それはプロポーズにカウントされません。
結婚を持ちかけて、断られてもくじけない。かえって何度でも言いやすくなる、というのがこの理論。
「断られても『好きだから一緒にいたい』と男心を揺さぶった上で、『結婚したいキャラ』としてのセリフを会話に投げ込む。あくまでも冗談っぽく言うことが肝心です。本音を冗談でうまく包んで表現できる女性を彼は可愛いと思い、こんな女性にサプライズでプロポーズしたら喜ぶ姿が想像できるので、彼の背中を強力に押す原動力になります」(水野さん)

「NGP」理論の会話例

●歩き疲れて「休もうか」となったとき
「じゃあちょっと区役所寄ってく?」
●ウィンドウショッピングだけと言いながら、
目を限界まで見開いて婚約指輪を凝視する
●居酒屋で
左手の指輪にチクワをはめる遊びをねだる
●彼氏がダメなことをするたびに
「これは結婚したら先が思いやられるわぁ」とうれしそうに言う
●「この店のマスター、すごい感じいいよねー。(マスターに)
仲人になってもらえます?

“”


「エージェント」理論
母親に会わせて母親に言わせる!
“”

言いにくいことは代理人に!
自分で「結婚」を口にできない場合は、母親や友人などを代理人(エージェント)として仲介させ、彼からのプロポーズを引き出す方法も。
「まずは彼を自分の母親と会わせる約束を取り付けましょう。理由は何でもOK。ここでのポイントは、男性が逃げ腰になる父親とは会わせないこと。そして母親に事前にお願いしておくべきなのは、『自分のかわいい娘に彼がプロポーズもせず、煮え切らない態度を取ることを心配している』という設定で臨んでもらうこと。現場では母親に『娘のことどう思ってるの? 結婚する気はあるの?』と言ってもらい、自分はあくまでも中立のポジションに。母親でなく、友人に頼むのもありです」 (水野さん)

「エージェント」理論の会話例

「アツシくん、あんた娘のことどう思っとると? ちゃんと責任取る気あると?」
「責任……と言いますと?」
「責任取るって言うのは、 結婚する気はあるかってことばい!」(バーン!と机をたたく)
あなたお母さんやめてよ! アツシは今仕事が大変な時期だから、そういうので迷惑かけたくないの!」
「そんなことは関係なか!」

(後で――)

あなた「気にしないでね。お母さんああいう人だから」
「由紀恵は、どうなの?」
あなた「えっ?」
「由紀恵は、結婚したいの?」
あなた「……そんなの当たり前じゃない。ずっと一緒にいたいに決まってるじゃない」
「そっか……じゃあ、そろそろ真剣に考えないとな」

“”




“”
水野敬也さん 愛知県生まれ。慶應義塾大学経済学部卒。『夢をかなえるゾウ』『神様に一番近い動物』『人生はニャンとかなる!』『LOVE理論』『スパルタ婚活塾』など著書多数。DVD作品の企画・脚本や、映画の脚本を手がけるなど活動は多岐にわたる。


イラスト/黒猫まな子 取材・文/いなもあきこ
with2017年1月号より

1 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ