いつか産む、なら知っておいて欲しい。ほんとうの妊活事情【妊活コンシェルジュ西岡有可「心と体と妊活と。」第1回】

SHARE

妊活コンシェルジュサービスとは

私がこの仕事をするにあたって1番大切にしていることは、それぞれの妊娠したいという気持ちに全力で寄り添うことです。

以前は、結果がどうであれ納得した妊活をして欲しいと思っていました。けれど最近、不妊治療に取り組む方は何歳だろうと、どんなフェーズだろうと、妊娠することが目標なのだから、その気持ちからは逃げてはいけないと思うようになりました。
初めから妊活がうまくいかなかった時の納得感を求めることをやめたのです。

妊活は人生の納得感につながるもの

どういう治療法を選んでいくかは、カップルによって違います。遠回りに見える選択をする方もいるけれど、最短ルートを取らなかったからといって、妊娠しなくていいと思っているわけではないんですよね。

私は、その方を妊娠させることを一番の目標に、一緒に考えていきたいと思っています。
私が妊娠させられるわけではないけれど、妊娠という目的に対して、どういう手段があるのか、メリットデメリットを一緒に考えることができます。

イライラしたり、鬱状態で正しく考えることが難しい方がいたら、そういう気持ちを一緒に整理したい。
流産、死産を経験された方もいらっしゃいます。そういった悲しい経験や葛藤など、なかなか話す相手がいらっしゃらない方が、気持ちを吐き出せる相手にもなりたい。生きているだけで花丸、という方々が妊活をもう一度頑張ろうとしているなら、最後まで絶対に手を離さずにサポートしたいんです。

妊娠したかったのに、妊娠できなかったら、やはり納得できないと思うんです。
閉経しても、死ぬ直前まで「やっぱり子供が欲しかった」と思うのではないでしょうか。でも、あの時の妊活は精一杯やったと少しでも思うことができたのなら、心の痛みも少しは和らぐのでしょうか……。

妊活は、最終的に自分の人生の納得感につながるもの。
だから、いつか子どもを持ちたいのなら、今この時から妊活について学んでいきませんか?
この連載では、生殖医療の現場で私が学んできたこと、妊活コンシェルジュとして多くの方の悩みに向き合って学んだことを、皆さんにお伝えできればと思います。

にしおかゆか●ファミワン代表看護師、不妊症看護認定看護師、看護学修士●大学院で「不妊治療を受ける女性の思いとかかわり」の研究に取り組みつつ、国立成育医療研究センター生殖医療外来に勤務。その後、生殖医療専門クリニックにて10年勤務。第16回生殖看護学会優秀賞受賞。妊活をサポートするLINEサービス「famione」のアドバイザー、「妊活コンシェルジュ」として企業内妊活相談担当。フジテレビドラマ「隣の家族は青く見える」医療監修、企業・ホテルにて社員向け、夫婦向けに妊活に関するセミナーを担当。

取材・文/小和野薫子
 
28 件

妊活コンシェルジュ西岡有可「心と体と妊活と。」

「妊活コンシェルジュ西岡有可「心と体と妊活と。」」に関する記事をまとめたページはこちら。 with classでは、教育・住まい・時短術をメインに、暮らしをラクに豊かにする、共働き夫婦向けのトピックを発信中。

こちらもおすすめ

About 共働きを、ラクに、豊かに。

結婚しても、子供を持っても、自分らしく働き続ける女性にエールを!仕事と家庭を上手く両立させるコツ、忙しくも楽しい共働きライフを支えるライフハックが充実!

LINE 公式アカウント

お友達登録で、ファッション・ライフスタイルなどのお役立ち情報が毎週届きます!

QRコード