【神社ソムリエが厳選】まだ間に合う! 令和4年に訪れると開運する神社5選【イヴルルド遙華×佐々木優太】

SHARE

今年の参拝は12年に1度のベストタイミング!

艮神社(広島・福山市)

平安時代に建立した旧福山最古の神社。御祭神の須佐之男命(すさのおのみこと)は、その力強さから疫病・厄除けの神様として祀られています。

「〝うしとら〟をまたぐその名の通り、12年に1度の今年中に行きたい神社のひとつです。疫病の神様である須佐之男命、さらには天の岩戸を開くキッカケになり、明るい世界へと導いたといわれる天宇受売命(あめのうずめのみこと)へ参拝に上がり、アフターコロナの明るい未来を祈願したいですよね」(佐々木さん)

住所/広島県福山市北吉津町1-5-24 
アクセス/JR山陽本線「福山」駅より徒歩10分
http://ushitorajinja.org

 

唯一無二の社頭・狛虎は夫婦和合の象徴

諏訪神社(群馬・藤岡市)

上毛の三山を一望し、前方後円の諏訪古墳上に社殿が建つ諏訪神社は、命を紡ぐ、想いを紡ぐ、絆を紡ぐ、紡ぎの宮として親しまれています。全国25000社ある諏訪神社の中でも、ここだけに存在する狛虎は夫婦和合の象徴。

「この神社の狛犬ならぬ狛虎は、トラ年にちなんで奉納されたと伝えられています。ネコに見えなくもないですが、立派な虎です(笑)。今年の干支である虎に縁のある神社は、寅年のうちにぜひ参拝に上がり、これからの縁を深めてくださいね」(佐々木さん)

住所/群馬県藤岡市藤岡495 
アクセス/JR八高線「群馬藤岡」駅より徒歩7分
http://chinju-osuwasama.jp

\わかりやすく動画でも解説!/

まだまだある! 虎に縁のある神社次のページ
 
48 件

レジャー・カルチャートピックス

「レジャー・カルチャートピックス」に関する記事をまとめたページはこちら。 with classでは、教育・住まい・時短術をメインに、暮らしをラクに豊かにする、共働き夫婦向けのトピックを発信中。

こちらもおすすめ

About 共働きを、ラクに、豊かに。

結婚しても、子供を持っても、自分らしく働き続ける女性にエールを!仕事と家庭を上手く両立させるコツ、忙しくも楽しい共働きライフを支えるライフハックが充実!

LINE 公式アカウント

お友達登録で、ファッション・ライフスタイルなどのお役立ち情報が毎週届きます!

QRコード