【投資口座を開設するには?】「証券会社or銀行」2つの特徴から選んでみる

SHARE

選ぶ上でのポイント3つをおさえよう

①取引の手軽さ

特にこの「取引の手軽さ」と言うポイントは、投資初心者さんはかなり重要なポイントだと思いました。これから長期的にお付き合いしていく金融機関でもありますので、取引のややこしさのない管理画面の見やすさやそもそもの管理のしやすさなどをみていく必要がありますね。

②商品数

金融機関によって取り扱っている商品・取り扱っていない商品は様々。商品数がありすぎて選ぶのを迷ってしまうよ〜なんてことがあるかもしれませんが、選択肢が少ないよりもいいですよね。そう考えると、自分に合う商品を取り扱っている金融機関や商品数も金融機関を選ぶポイントになりますね。

③手数料

株式の売買をするときに発生する手数料。こちらも結構バカにできないポイントです。いくら利益が出ても、「手数料で結構差し引かれちゃった〜」なんてことも、事前に手数料を調べておかないと後々後悔する羽目になるかもしれませんよね。手数料はなるべく抑えておくのがベター。

ベストな選択肢だったのか?は運用してからわかる! とにかくまず口座を作ろう!

初心者さんが特に直面する「この選択肢が正しかったのか?」については、荒木さん曰く「ベストな選択かは、後からわかるものですよ。初めは誰でも判断しにくいものなんです。それが口座開設なんです」と。

ad

口座開設に必要な書類は?

口座開設には下記書類が必要になるようです。事前に手元に準備をしておきましょう。

・本人確認書類

・マイナンバー確認書類

・銀行口座番号

・(銀行印)

冒頭でも触れさせていただきましたが、金融機関を選ぶ上で「証券会社」と「銀行」の2つがあります。直接店舗に行って対面で口座開設もできますし、ネット証券やネット銀行など、ネット上でも必要書類が揃っていれば、5分〜10分で簡単に口座開設できちゃうみたいです。

ネットで口座開設をする場合は、利用したいと思っている証券会社の名前を検索して、ネット上に必要な情報を入力すればOK!対面であれば、担当者さんが用意された書類に必要な情報をその場で入力するだけ。

名前や住所、特定口座やNISA口座についての登録、さらにインサイダー取引などの関係上で、細かい職業を入力する箇所があるようです。人によっては「え? そんなに細かいところまで書かないといけないの?」と思う方もいらっしゃるようですが、不正な取引をしていないか?ということだけなのでご安心をとのこと。

これで投資専用の口座開設はバッチリ!!!

いかがでしたでしょうか。必要な書類があれば簡単に口座開設はできます。いろいろと迷うのが口座開設をする際の金融機関を選ぶことだと思います。

私もまだどうしようかなぁ〜?なんて悩んでいるうちの一人ではありますが、手数料をなるべく抑えたいということやネットでサクッと登録したいなぁと思っているので、ネット証券での口座開設にしようかかなぁと気持ちが傾いています。

まだまだ手数料以外にも商品数なども調べて自分にピッタリのものを見極めたいと思います。

2月中に投資用の口座を作ることを目標に投資女子プロジェクトを盛り上げていきたいと思います。

\次回は投資信託の選び方/です。

⭐︎今までの投資女子プロジェクトの記事はこちら⭐︎

 
54 件

OL投資ブログ

「OL投資ブログ」に関する記事をまとめたページはこちら。 with classでは、教育・住まい・時短術をメインに、暮らしをラクに豊かにする、共働き夫婦向けのトピックを発信中。

こちらもおすすめ

About 共働きを、ラクに、豊かに。

結婚しても、子供を持っても、自分らしく働き続ける女性にエールを!仕事と家庭を上手く両立させるコツ、忙しくも楽しい共働きライフを支えるライフハックが充実!

LINE 公式アカウント

お友達登録で、ファッション・ライフスタイルなどのお役立ち情報が毎週届きます!

QRコード