引っ越しを決める前にチェック!仲介手数料無料のメリットとデメリット

SHARE

仲介手数料の仕組み

なぜ仲介手数料無料にできるのかは、不動産賃貸業者の報酬の仕組みを理解すれば謎が解けます。

賃貸業者は借りたい人(借主 )と貸したい人(貸主)から合わせて賃料の最大1.1ヵ月分(税込)の仲介手数料を貰うことができます。

・貸主から貰う仲介手数料が0の場合、借主からの同意があれば仲介手数料は最大1.1ヵ月分まで
・貸主から貰う仲介手数料が賃料の0.55ヵ月分の場合、借主から貰う仲介手数料は賃料の0.55ヵ月分まで
・貸主から貰う仲介手数料が賃料の1.1ヵ月分の場合、借主から貰う仲介手数料は0

といったように、両方から貰ったり、片方から貰ったりすることができます。ただ、宅建業法上の問題で上限を超えてはいけないルールがあります。なのでどちらからも1.1ヵ月分請求するのは違法になります。

広告料という名目で抜け道を作っている

先ほどの報酬形態は賃貸業界のルールなんですが、実際はどうかというと違います。

大きな違いは、不動産業者は貸主からは仲介手数料ではなく、広告料という名目で報酬を受け取っています。この広告料は物件によって変わりますが、0の場合もありますし、賃料の2~3ヵ月分といった高額な手数料が支払われることもあります。

なぜ広告料になっているかは、先ほどの宅建業法の抜け道です。ルールとして報酬に上限が決まっているので、名目を変えて1.1ヵ月分以上貰っているのが実情になります。

仲介手数料無料の業者は広告料が0の物件はほぼ紹介しない

「なぜ仲介手数料無料にできるのか?」という疑問に戻りますが、お客さん側である借主が仲介手数料を支払わなくても、大家さん側の貸主が支払う広告料が1、2ヵ月あれば、業者として成り立つわけです。

ただ、もちろん広告料の出ない物件もあります。人気の物件は特に広告料が少ない傾向にあります。
お客さん側から仲介手数料を貰わずに広告料だけで成り立たせようとすると、そういった広告料の出ない物件は紹介できなくなり、お客さんからすると本当に住みたい物件を紹介してもらえない可能性があります。

とはいえ仲介手数料無料は嬉しい

とはいえ、仮に家賃が8万円の物件の仲介手数料が0になれば、最大8.8万円は安くなったことになります。同じ物件を借りるなら安いことに越したことはないですからね。

なので個人的には仲介手数料無料の業者に行って、広告料が出ない物件がもしあれば手数料を支払う意思を見せるのがオススメです。これを伝えると業者も「あ、この人賃貸業者をある程度理解している人だ」と認識しますから、知識を何も持たずに相談するよりはフェアな相談ができるはずです。

これから引っ越しシーズンになるので、皆さんにこの記事が届けば幸いです。
では、また来週〜!
 

PROFILE(書いた人)

しげ@節約お兄さん

▷公務員を8ヵ月で辞めてFPとして独立(FP歴5年)
▷「FPってなんやねん」と言われることが多かったので、「節約お兄さん」に改名(お兄さん歴2年)
▷「商品を持たない」「スーツを着ない」「営業しない」FP
▷実際に家計の相談を受けた人は1200人以上
▼Instagramで「赤ちゃんにインタビューしてみたシリーズ」が大人気!(フォロワー1.2万人)▼

26 件

しげ@節約お兄さん「日本一わかりやすいお金の話」

「しげ@節約お兄さん「日本一わかりやすいお金の話」」に関する記事をまとめたページはこちら。 with classでは、教育・住まい・時短術をメインに、暮らしをラクに豊かにする、共働き夫婦向けのトピックを発信中。

こちらもおすすめ

About 共働きを、ラクに、豊かに。

結婚しても、子供を持っても、自分らしく働き続ける女性にエールを!仕事と家庭を上手く両立させるコツ、忙しくも楽しい共働きライフを支えるライフハックが充実!

LINE 公式アカウント

お友達登録で、ファッション・ライフスタイルなどのお役立ち情報が毎週届きます!

QRコード