切迫流産とは?原因・兆候や切迫早産との違いについても解説!

SHARE

念願かなって妊娠! 胎嚢確認、心拍確認といくつもの壁を乗り越えたのに……妊娠初期に「切迫流産」と診断されたら、とても不安になりますよね。でも実は「切迫流産」と「流産」は別のもの。診断されたとしても、多くの方がその後、回復し妊娠の継続が可能といわれています。今回は、主に切迫流産、流産、切迫早産、早産などについて詳しく解説していきます。

目次

 

切迫流産とは

「切迫流産」は、妊娠が継続しているものの、何らかの原因で流産のリスクが高い状態、もしくは流産になりかけている状態を指します。つまり、胎児の心拍は確認できていているけれど、流産が「差し迫っている」状況と言えます。

切迫流産の主な症状としては、出血や腹痛、お腹の張りなどが挙げられますが、医学的にはなぜそのような状態になってしまうのか、その原因はわからないことが多いようです。

ただし、「切迫流産」と診断されても、必ず流産してしまうということではありません。主治医の指示に従い、基本的に安静にしていることで、そのほとんどが回復するといわれています。

流産とは

妊娠後、22週未満で胎児の生存が認められない状態を指します。とてもつらく、悲しいことですが、流産はなんと医療機関で確認された妊娠の15%前後もの確率で起こると言われています。稽留流産(胎児が子宮内で死亡してしまったが腹痛や出血などの症状がない)や進行流産(出血などが始まっているいわゆる「流産」の状態)があります。

流産と死産の違い

死産は赤ちゃんがお母さんのお腹の外で生存できる時期に達してから、お腹の中で亡くなってしまい、その後、胎児が娩出された場合をさします。

「流産」と「死産」は妊娠の週数によって使い分けられています。妊娠22週未満は流産、妊娠22週以降は死産の扱いになります。また、厚生労働省は、妊娠12週以降に死亡した胎児を出産することを死産と定義し、市区町村への届け出を義務付けています。

流産と早産の違い次のページ
 
42 件

心と体トピックス

「心と体トピックス」に関する記事をまとめたページはこちら。 with classでは、教育・住まい・時短術をメインに、暮らしをラクに豊かにする、共働き夫婦向けのトピックを発信中。

こちらもおすすめ

About 共働きを、ラクに、豊かに。

結婚しても、子供を持っても、自分らしく働き続ける女性にエールを!仕事と家庭を上手く両立させるコツ、忙しくも楽しい共働きライフを支えるライフハックが充実!

LINE 公式アカウント

お友達登録で、ファッション・ライフスタイルなどのお役立ち情報が毎週届きます!

QRコード