【華やかさがちょうどいい!】「ねじって、持ちかえるだけ」30代からのおよばれヘアアレンジ【連載vol.9】

SHARE

30代の“およばれ”って悩ましい。シックすぎるのも落ち着かないし、華やかすぎるのも気恥ずかしい。そこで今回は、外出することが多くなった今だからこそ知りたい、およばれヘア&メイクを前後編でお届け。前編となる今回は、ヘアアレンジについて。

\働くママのふたりが対談! 30代からの“およばれヘア”どうしてる?/

YUZUKOさん

品の良さとオシャレさ。
そのバランスがちょうどいいスタイルが理想だよね

わたなべさん

最近はリアルでの結婚式も増えてきたし、招待してもらったときのことを考えておきたいよね。
わたしは、およばれ用にドレスを買うと、出番が少ないのがもったいないと思っちゃうから、普段のちょっとしたイベントでも着られるようなドレスを選ぶのも意識してる!

YUZUKOさん

それいいね!
子育てしていると、朝はバタバタしていて、美容院に行く時間も余裕もないし。
だから身だしなみは、家でできるヘアアレンジを覚えておくと安心だよね

わたなべさん

私は髪が長いので、ヘアは絶対アレンジしたい。
子連れだと、髪がくずれたりしても簡単に直せないし……。でもただまとめるのではなくて、ちゃんと呼んでくれた方の雰囲気に合わせたり、凝った印象も持ち合わせたい!

YUZUKOさん

それ、大事!

わたなべさん

私、いかにもサロンでやってきました! みたいなヘアがもともと苦手で……。
デコラティブすぎちゃって、どんなメイクだとバランスがいいのか、けっこう難しい!

YUZUKOさん

ヘアはメイクの濃さや雰囲気に合わせることがこなれ見せのポイント。
だからメイクをした状態で、洋服まで着替えた状態でやった方がバランスをとりやすいよ!

わたなべさん

なるほど! それが秘訣なのね
 

大人の“およばれヘアアレンジ”は、シンプルさと特別感の両立がキモ

いかにも気合入れました! という頑張ったスタイルではなく、かといって、“いつも通り”でもない。そのさじ加減こそがおよばれスタイル成功の秘訣。まとめ髪の場合は、おくれ毛を出しすぎると疲れた印象になってしまうし、シンプルすぎても味気がないので、すっきりまとめつつ、どこかに小さなポイント(編み込みなど)を作ると◎。また、ヘアアレンジをするタイミングは、メイクが完了して、着替えてから。メイクや洋服のバランスを見ながら、微調整して。

サイドにピンを飾ったり、毛束の結び目にちょっとしたテクニックで特別感を出したまとめ髪スタイル。タイトにまとめているからくずれにくいし、清潔感も出せます。顔が小さく見える嬉しい効果も!

①コームで前髪を9:1に分ける

コームを使って前髪を9:1に、タイトに分ける。このとき、ピンピンと短い毛が立ち上がったりしないように、事前に全体にワックスをなじませたり、前髪をヘアスティックでなじませておくことが、上手にまとまるコツ! ウェット感をもう少しプラスした場合は、少し固めのワックスに、オイルをほんの少しまぜて全体になじませて。

②耳下の髪を一束残して、一つ結びに次のページ
 
52 件

わたなべ麻衣「30代のリアル美容」

「わたなべ麻衣「30代のリアル美容」」に関する記事をまとめたページはこちら。 with classでは、教育・住まい・時短術をメインに、暮らしをラクに豊かにする、共働き夫婦向けのトピックを発信中。

こちらもおすすめ

About 共働きを、ラクに、豊かに。

結婚しても、子供を持っても、自分らしく働き続ける女性にエールを!仕事と家庭を上手く両立させるコツ、忙しくも楽しい共働きライフを支えるライフハックが充実!

LINE 公式アカウント

お友達登録で、ファッション・ライフスタイルなどのお役立ち情報が毎週届きます!

QRコード