衣替えの手順を伝授!靴のお手入れ方法もご紹介します【弁護士sayaのおしゃれ六法vol.100】

SHARE

一ヵ月かけて、少しずつ夏→秋冬服へチェンジ!

こんばんは。
わたしは毎年、9月いっぱいかけて少しずつ衣替えを進めています。長袖のブラウスやカットソーの出番はまだ先だけど、いかにも夏っぽいお洋服はもう着納めにしたくて。涼しくて秋っぽいアイテムから、順番に少しずつ入れ替えていきます。

そこで今回は、そんなわたしの衣替えテク&お手入れ方法をご紹介します。

【9月初旬】気温に左右されないアイテムから衣替え!

まずは「夏バッグ」をしまいます

気温に関係なく合わせられる「バッグ」から衣替え「リネン」「かごバッグ」「PVC」など、どうしても夏っぽい雰囲気になってしまうバッグはしまい、くすみカラーやダークカラーの革バッグを出します。

 

かご、コルクなど夏素材のバッグや、パンチングレザーの夏っぽいデザインのバッグは、早めにしまいます。

かわりにボルドー、ディープグリーン、くすみピンクのバッグを出して秋気分に♡

「去年より以前の秋色ボトム」も早めに出してOK!

くすみカラーやダークカラー、いかにも秋っぽいチェック柄なども、早めに出して秋気分を高めます♡ ウールやツイードはまだ暑いのでもうちょっと先かな。

くすみブルーのレーススカート、チェック柄スカート、千鳥格子柄ハーフパンツは、薄手なので今の季節から穿いています。コーデが一気に秋らしくなる!

「半袖トップス」を秋色にチェンジ

まだまだ暑いので、半袖のTシャツやブラウスを一気に衣替えするわけにはいきません。「薄手」の「秋カラー」のトップスを出しつつ、夏っぽい色&柄のトップスだけをしまいます

【左】地中海柄のブラウスや【中左】オレンジのトップスは、ぱっと見夏っぽいのでまた来年。かわりに【中右】ディープグリーンのノースリーブトップスや、【右】くすみピンクの半袖ブラウスを出します。

白やベージュなどベーシックカラーの半袖トップスは、淡い色とはいえ秋服とも合わせられるので、完全に長袖の季節になるまで残しておきます

靴ごとのお手入れ方法&しまい方次のページ
 
34 件

お洋服愛溢れすぎ。弁護士sayaのおしゃれ六法

「お洋服愛溢れすぎ。弁護士sayaのおしゃれ六法」に関する記事をまとめたページはこちら。 with classでは、教育・住まい・時短術をメインに、暮らしをラクに豊かにする、共働き夫婦向けのトピックを発信中。

こちらもおすすめ

About 共働きを、ラクに、豊かに。

結婚しても、子供を持っても、自分らしく働き続ける女性にエールを!仕事と家庭を上手く両立させるコツ、忙しくも楽しい共働きライフを支えるライフハックが充実!

LINE 公式アカウント

お友達登録で、ファッション・ライフスタイルなどのお役立ち情報が毎週届きます!

QRコード