オン⇄オフでがらっと印象チェンジもOK!着まわし神アイテム4選【弁護士sayaのおしゃれ六法vol.88】

SHARE

せっかくなら、1枚でオンオフ着まわせるお洋服が欲しい!

こんばんは。
わたしはアシンメトリーなど、ちょっと個性的なデザインのお洋服がだいすきなのですが、お買い物するときに気になってしまうのが着まわし問題。そこで今回は、お仕事にもお休みの日にも着まわせるうえ、合わせるアイテムによって印象までも変えられる「優秀着まわしアイテム」はどんなものなのか、お話したいと思います!

【トップス】白のフリルブラウスが最も優秀♡

 

どんなボトムスにも合わせやすくて、いろんなテイストで着まわせて、着るたびに感動しているのがこちらのフリルブラウス

ブラウス/HELIOPOLE

白の中でもできるだけ真っ白に近い白を選ぶのがポイント。生成りやベージュに近いオフ白だと、暖色との相性はいいのですが、寒色とはトーンが合わずちょっと野暮ったい印象になる気がします。

それから、コットンだと少し子どもっぽく見え、カジュアルな印象に寄ってしまうので、ポリエステルやレーヨンなど落ち感のある素材を選んだ方が、きれいめのお仕事ボトムスともばっちり合うと思いますよ~!

これからの季節は半袖やノースリーブをつい手に取りたくなりますが、1年通すと長袖を着ている期間の方が長いので、着まわし力を重視するなら長袖を買うのがおすすめ。真夏は冷房が効いているので、化繊の長袖ならあまり暑く感じませんよ。

ジャケットはもちろん、カーディガンを羽織ってフリル襟だけ外に出すと、オンスタイルの中でもまた違った印象で着まわせます。

トレンチ✕デニムのきれいめカジュアルにも合うし、ちょっぴりモードなセットアップやゴツめのブーツもOK。合わせるものに困ったらこのブラウス! といえるくらい何にでも合います♡

春夏と秋冬で小物を変えて、1年中着まわせるのも嬉しいポイントです!

【ワンピース】リトルブラックドレスなら七変化できます!

どうしても着まわしづらい、コスパが悪い印象があるワンピース。そんなイメージを打破してくれるのは、黒のシンプルなリトルブラックドレスです。ウエストが絞られたデザインだとコンサバな印象が強くなってしまうため、カジュアルにも合わせやすいAラインを選ぶのがポイント!

襟付シャツやジャケットできちんと感を出せば、お仕事にも着ていけます。

シンプルなデザインを選べば、合わせるアイテム次第でカジュアルにもモードにもなります。【左】はミリタリージャケット&スニーカーでカジュアルに、【右】はカチューシャやつけ襟、ブーツでちょっぴりモードに。

もちろんストレートにパーティーシーンで着るにも心強いです!
記念日ディナーでは1枚で着ています。結婚式のお呼ばれでは、肩を出さないようスカーフやボレロ、ジャケットを合わせて。

1枚で着映えるワンピースは、つい柄やデザインの凝ったものを選びたくなりますが、着まわし力という視点でみるなら、ちょっとシンプルすぎるかな? と思うくらいがちょうどいいんです。着まわせば着まわすほど、「買ってよかった!」の喜びが後からじわじわ湧いてきます♡

きれいめにもカジュアルにも着まわせる!パンツ&スカート次のページ
 
42 件

お洋服愛溢れすぎ。弁護士sayaのおしゃれ六法

「お洋服愛溢れすぎ。弁護士sayaのおしゃれ六法」に関する記事をまとめたページはこちら。 with classでは、教育・住まい・時短術をメインに、暮らしをラクに豊かにする、共働き夫婦向けのトピックを発信中。

こちらもおすすめ

About 共働きを、ラクに、豊かに。

結婚しても、子供を持っても、自分らしく働き続ける女性にエールを!仕事と家庭を上手く両立させるコツ、忙しくも楽しい共働きライフを支えるライフハックが充実!

LINE 公式アカウント

お友達登録で、ファッション・ライフスタイルなどのお役立ち情報が毎週届きます!

QRコード