withonlineロゴ
ビューティトピックス

【自分が映える眉を探せ】薄眉・もっさり眉・まばら眉……印象激変!のBefore→After

SHARE

【自分が映える眉を探せ】眉を変えたら印象激変!〈まばら眉の場合〉Before→After

顔の印象を大きく変えるパーツの1つが眉! シーズンごとに旬なメイクも変化する今、アイメイク同様に眉もその時々のイメージに合わせて変化を楽しみたいですよね。韓国系の眉毛のトレンドも気になるし、カジュアルなストレート太眉、ピンクみのあるカラーもかわいいし......メイクにばかりとらわれがちかもしれませんが、実は素の眉毛のお悩みも永遠のテーマかもしれません!

薄眉にまばら眉、眉頭の高さが違う、左右のアンバランス、もっさりしてあか抜けない、など、眉毛のお悩みは人それぞれ。 いろいろなアイブロウメイクを楽しみたい今だからこそ、悩みを解消してくれる自分にぴったりの眉が知りたい!

そんなwithLabメンバーが、アイブロウのプロフェッショナル集団、銀座にあるアイブロウサロン mime(ミメ)のアイブロウトリートメント、「シェイピング」を体験してきました。mimeの「シェイピング」では、ワックスなどを使用して、眉のお手入れから仕上げの眉メイクまで、理想的な眉毛を作ります。今回お悩みを解消してくれたのは、サロンマネージャー 駒村よしみさん。

自己流の眉ケア、本当にこれでいいの? 流行りの眉にしているのになんだかイマイチ!……そんな眉悩みをお持ちのみなさん、必見です。
 

泉マリコさんの場合 「左右非対称なうえにまばら眉。細眉時代の名残りも.....」

普段から、顔の産毛シェービングなどのサロンにも通うという、美意識かなり高めの泉マリコさん。
ただ眉毛はというと、「昔、細眉にしていたときに抜きすぎちゃった名残で、眉の一部が生えてこなくなってしまった」という、“まばら眉”がお悩みだそう。「今はほとんど抜かず、伸びた部分をカットするくらいなのですが、まばらな状態のうえ左右の眉が非対称なので、毎日のアイブロウメイクがとにかく大変! 時間をかけてメイクしても、なんとなくあか抜けないんです」とのこと。

まずは【カウンセリング】。今の眉毛の状態をチェック!

最初に行うのがカウンセリング。素の眉毛をチェックして、眉毛のお悩みやどういった眉毛にしたいかなど、スタイリストさんと相談していきます。
pattern_1
こちらが泉さんの素の眉。一見、キレイにお手入れされた眉毛ですが、左右を比べると、形の非対称さや、抜きすぎて眉毛が生えてこなくなってしまったという薄い部分、まばらになっているところがはっきり!
「左右差を気にする人は多いのですが、誰しも左右差はあるものなんです! 目の大きさも、骨格も筋肉のつき方も、表情のクセも左右違いますよね? 眉毛だけ左右対称にメイクしてしまうと、逆に目の大きさの違いなど左右差のあるところが強調されてしまう、ということにも.....。眉で大事なのはバランスで、必ずしも左右対称がいいというわけではないんです」(駒村さん)

お悩みなどを聞きながら、泉さんの骨格や表情のクセなどを見きわめていきます。
「眉毛はできるだけカットしないで、毛の長さを調整して眉の形を作っていくのがベスト。自分の眉毛をなるべく活かすと、メイクのたびに描く部分が少なくて済むので、断然メイクが楽になると思います。できるだけ今の眉毛を生かして太さも残しつつ、理想的な眉に近づけていきましょう」

理想の眉の形とは? 眉頭・眉山・眉尻を決める

眉毛の形、眉頭、眉山、眉尻の長さなど、さまざまな形の眉毛が流行しますが、ここ数年は眉山のないストレートな太眉が人気。ただこの眉、真っ正面からみるとキレイなストレート眉でも、横から見ると、骨格を無視したラインで不自然になっている人がほとんど。ペタッと眉毛がはりついたアニメみたいな顔.....な~んて失敗にもなりかねないそう! もともと平面な日本人の顔にさらに眉をフラットにしたら、立体的どころかより平面になってしまう、というわけです。

そこで、どこからみられても素敵な“骨格に合わせた眉”​になる方法をお伝えします! 
眉の形を決めるためには、まず3つのポイントをチェック。
mimeが提案する美しくバランスのよい眉のポイントは、眉頭は小鼻、眉山は鼻の中心から黒目、眉尻は下唇の真ん中から目じりを結んだラインの延長線上にあること。その3つの点を結んだ眉の形が骨格に合った、理想的な眉です。

そして、それぞれのポイントが決まったら、骨格や表情のクセ、毛の生え方などからその人にぴったりの自然な眉を見極めるために、12種類の眉型から選んでいきます。
pattern_1

ぴったりの眉型で理想の眉フレームを

泉さんの骨格と眉のカーブにぴったりの眉型がこちら! もともとの素の眉毛に沿うようにこの型をあてながら黒いパウダーで塗りつぶし、泉さんの理想の「フレーム」を取ります。
pattern_1
黒くかたどったあとで、泉さんチェック。眉毛の形やバランスを確認して、理想の眉が決定! この形を目指して、フレームからはみ出ている毛を脱毛やワクシングでどう整えていくのか、最終的にどうメイクするかなどの説明を受けます。
pattern_1
初アイブロウサロンの泉さん、黒々とした太眉にびっくり!
ですがこの太眉、あくまでこの後行う工程のためなのでご安心を。
次のページ>>いよいよ「シェイピング」。まずは余分な毛をオフ!
 
58 件
カテゴリーの記事一覧

SHARE

AUTHORS