【時間のない子育てママにこそ、質のいい“ながら”ケア!】モデル&妻&二児の母・田中美保の“変わらぬ美しさ”を支える「スチーム美容」という習慣[PR]

SHARE

Sponsored by ヤーマン

アスリートの妻で、ニ児の母という顔を持ちながら、ナチュラルな美しさでモデルとしても活躍する田中美保さん。仕事や育児で忙しい毎日を送る中で、キレイもしっかり手に入れている秘密は、ヤーマンの最新スチーマー「ブライトクリーン」にあるよう。「ながらケアができるから、忙しい人にこそおすすめしたい!」と田中さんが語る“スチーム美容”、みなさんもはじめてみませんか?

\田中さんの“変わらぬ美しさ”の理由は?/

“忙しい毎日”と“キレイ”を両立させる3つのルール

育児に仕事にと、子どもたちが寝るまではひとりでゆっくりする時間がほとんどないという田中さん。そんな多忙な日々を送りながらキレイをどう両立させているのか、田中さん流の美的ルールを教えてもらいました。

1.鏡をじっくり見て、自分の変化を観察
「1日1回は必ず自然光の下で鏡を見て、肌をチェックするようにしています。自然光はごまかせないので(笑)。老化には抗えないけれど、肌の変化に早く気づいて対処できれば、ペースダウンはできるんじゃないかと思っています」

2.夜更かしはやめて、早寝早起きを基本にする
「結婚後は夫に合わせて早寝早起きに変わり、子どもができてからは、朝6時ごろ起きて、夜はだいたい22:00ごろまでには寝るという生活が定着しています。どれだけ遅くなっても、12:00までには寝ていますね。独身の頃はかなり不規則だったので、今の方が肌の調子はいいんです。やっぱり睡眠や生活リズムを整えることって大事ですね」

3.“ながら美容”で賢くケアする
「スキンケアの途中でも子どもが泣いたら子どもを優先するので、じっくり肌をお手入れする時間が持てないのが現実。だから、手を使わずに浴びるだけでケアができる美容スチーマーのようなアイテムは本当に助かります。ボタンひとつでさくっとはじめられるので、スキンケアに対する心理的&時間的負担が減って、ケアに前向きになれます」

\RECOMMEND/

ヤーマンスチーマー ブライトクリーン

プライベート空間になじむ、シンプルで洗練されたデザインで、インテリアとしても楽しめる。“浴びるだけ”でしっかりとした実感を得たいと願う、忙しい人の強い味方。¥39600

\こんな人におすすめ/
①手軽に質のいいスキンケアがしたい人
②毛穴の汚れや目立ちが気になる人
③パワフルで濃密なスチームを求めている人


2つの吹き出し口から出る濃密でパワフルなW温スチームが顔全体を包み込んで、肌温度をじんわりUP。肌が温まることで毛穴が開き、汚れが浮いて落としやすい状態になるから、肌に負担をかけずに摩擦レスでメイクオフでき、毛穴の目立ちにくい肌へと導いてくれる。また、この秋リニューアルした最新モデルには、肌のゆらぎが気になる時にぴったりの「ソフトモード」が新たに搭載され、ロング、クイック、スチーム、ソフトと肌の調子や気分に合わせて4つのモードを使い分けることが可能に。さらにタンク容量も約20%増えたことで、ロングモードなら、一度の給水で長時間ケアできるようになったのもうれしいポイント。

●【黒ずみ毛穴を約39%減まで抑制】ディープクレンジングで毛穴レス肌へ!

画像提供/YA-MAN

繊細で濃密なスチームを浴びることにより、顔全体の黒ずみや毛穴の目立ちが減少。水洗顔のみの場合と比べると、約39%減までも抑制してくれるという実証が!

【試験方法】20代~30代の女性14名の被験者につき、顔を縦に半分に区分けし、試験品を10分間使用した側と、試験品未使用側の頬と鼻をそれぞれ各15秒間水洗顔し、水気をティッシュでふき取った後、黒ずみの目立つ毛穴の数を測定。いずれも洗顔前を100として黒ずみの目立つ毛穴の数を比較した。
【試験品】ブライトクリーン(IS-98)
【試験機関】日本臨床試験協会調べ
※ 効果には個人差があります。

シーンに合わて選べる4つのモード次のページ
35 件

withLabメンバー12名の“美肌”を作るルーティーン Supported by YA-MAN

仕事、家事、育児に毎日大忙しのwithLabメンバー。
プライベートでも多忙な彼女たちが、
美しく前向きでいられる理由。
その秘訣は毎日の“おうち美容”にありました!

たった10分で明日の肌が楽しみになる
ヤーマンスチーマー。
それぞれのライフスタイルで、
どのように使われているのか、
withLabメンバー12名の美肌習慣とともにご紹介します。

ビューティトピックス

「ビューティトピックス」に関する記事をまとめたページはこちら。 with classでは、教育・住まい・時短術をメインに、暮らしをラクに豊かにする、共働き夫婦向けのトピックを発信中。

こちらもおすすめ

About 共働きを、ラクに、豊かに。

結婚しても、子供を持っても、自分らしく働き続ける女性にエールを!仕事と家庭を上手く両立させるコツ、忙しくも楽しい共働きライフを支えるライフハックが充実!

LINE 公式アカウント

お友達登録で、ファッション・ライフスタイルなどのお役立ち情報が毎週届きます!

QRコード