withonlineロゴ
小島慶子「明日の空模様」

小島慶子「親のアドバイスは“盛って”あるもの?」。子育てとは【我が子と日々出会い直すこと】

人間関係

SHARE

連載第2回【小島慶子 明日の空模様 】

40年前、私たちの親の時代には【子どもアリ世帯は7割】でした。ところが今は【子どもナシ世帯が6割】。社会は変わっているはず? ……と思いきや、給料は上がらないのに物価は上がり、男女の賃金格差と雇用格差はあいかわらず。暗くならざるをえない状況だけど、どうしたら少しでも豊かな人生を送れるのか、家族や友人とどう楽しい時間を持てるのか、小島慶子さんと考えていく連載です。
先週の記事はこちら
 

全ての「うまくいった」子育ては再現できないもの

好きな人と、家族を作りたいですか。子どもはほしいですか。子育ては得意ですか。家族は幸せですか。

……正しい子育てって、なんでしょう。

学校では、上手な家族の作り方なんて教えてくれません。大人になってからいくら育児書を読みあさっても、生身の子どもは思い通りにならないもの。「親」という立場になったからといって、人は自動的によき養育者になれるわけではないのです。

赤ちゃんを目の前にした時、ふと頭をよぎるのは子どもの頃のこと。最も身近なサンプルは、自分の親の子育てですよね。今の人生に満足している人は、自分が育てられたのと同じように我が子を育てようと思うだろうし、こういう人生じゃなかったらよかったのにと思っている人は、自分が得られなかったものを我が子に与えたくなるものです。

でも、忘れないで。赤ちゃんはあなたではないし、あなたは親とは別人です。残念なことに、全ての「うまくいった」子育ては、再現できないのです。同じ親子の組み合わせは二つとないから。ということは、親が自分を育ててくれたようにやらなくてもいいのですね。世界にたった一人の、目の前の子どもを見て、一緒に育っていけばいいのです。
次のページ>>タイムマシンで若き日の親を見たら安心するかも!
 
36 件
カテゴリーの記事一覧

SHARE

AUTHORS