「1日5分」お風呂で遊ぶだけ! 未就学児が1年で分数計算をマスターした お風呂算数のススメ

SHARE

こんにちは。with class mamaコラムニストのたかねと申します。
我が家は「とにかく楽しいリビング学習」をモットーに、現在小学2年生の娘と家庭学習に取り組んでいます。

今回はまさに年明けの今が始めどきかなと思う、「お風呂での算数の取り組み」をご紹介。
我が家で実際に入学前から始めて1年間続け、とても効果があったもので、最初は100均にあるもので簡単に出来ます。今年3年生になる娘とは、これから少数に取り組む予定です。

「1日5分」「買って貼るだけ」だから続く

最初に準備するものは数字のマグネット、1セット購入するだけです。
お風呂の壁はだいたいマグネットがくっつく仕様かと思うので、購入したマグネットを貼り付けたら準備完了。

こんなセットが売ってます(ホワイトボードは付いてません)
お風呂が暗いのでリビングで撮影。

本当にそれだけですが、子どもって数字を見ると遊ばずにはいられないようで、声かけしなくても遊び始めました。
我が家は現在4セット使っています。これくらいあると4桁の計算もできちゃいますよ!
レベルアップしてきたら追加で買うのもいいかも……。
ダイソーのおもちゃコーナーに置いてあると思います。
このマグネットを使ってスモールステップで、1日5分お風呂で数に親しむところから始めます。

 

お風呂は余計なものがなくて知育に最適

なぜお風呂にしたのかというのは、お風呂って体を洗う以外は特にすることがないので、余計なものが置いていないのがいいんですよね。そして短時間なので負担にならない。
もともとお風呂におもちゃは置いていなかったので、興味を引くものは数字マグネットのみという状態でした。当時は一緒に入っていたので、私が体を流している間、シャワーの順番待ちでぼんやりしていた娘を見て、「この時間、使える!」と始めたのがお風呂算数でした。

クイズ感覚でやり始めたので、「勉強」という感じではなく、娘の様子を見ながら1日1問の日もあれば、ひとりでどんどん問題を解いちゃう日もあったり…後から入るパパに問題を残しておくこともあったり、家族でワイワイ「楽しめる」範囲でやっています。

ステップ1から書いていきますが、
お子さんのレベルに合わせていただければ、どのステップから始めてもOKです。
各家庭でアレンジして「数」を子どもと一緒に楽しめたら、学びはもちろんのこと、素敵な思い出になるかなぁと思っています。

ではでは前置きが長くなりましたが、我が家が取り組んだ順番を書いていきます。

【ステップ1】順番に並べる

これはやり方を見せなくても、数字をバラバラに置いておくだけで順番に並べたくなるようですが、「順番に並べてみるね」とお子さんの前でやってみせるのもいいかなと思います。娘は「100までやってみたい」と言って、マグネットを追加して
100まで並べたこともありました。

【ステップ2】一桁の足し算・引き算

並べるのに飽きてきた頃に一桁の足し算へ移行しました。
ママが問題を出して、娘が答える形でスタートさせましたが、我が家は、途中からお風呂用の足し算引き算のポスターを貼り、問題を解いて自分で答え合わせをするところまで自分でやれるようにしました。

数字マグネットで計算。順番に並べるところから、足し算引き算まで。

ステップ3は、何度も反復して定着させたいアレ次のページ
 
50 件

with class mamaコラム

「with class mamaコラム」に関する記事をまとめたページはこちら。 with classでは、教育・住まい・時短術をメインに、暮らしをラクに豊かにする、共働き夫婦向けのトピックを発信中。

こちらもおすすめ

About 共働きを、ラクに、豊かに。

結婚しても、子供を持っても、自分らしく働き続ける女性にエールを!仕事と家庭を上手く両立させるコツ、忙しくも楽しい共働きライフを支えるライフハックが充実!

LINE 公式アカウント

お友達登録で、ファッション・ライフスタイルなどのお役立ち情報が毎週届きます!

QRコード