アナウンサー吉田明世さん推薦!「落ち着きがない子でも楽しんで読める絵本3選」

SHARE

みなさま、こんにちは!
フリーアナウンサーの吉田明世です。はじめましての方もきっと多いと思うので、まずは簡単に自己紹介をさせてください。

TBSアナウンサーとして約8年間活動し、第一子出産をきっかけにフリーランスとなり、現在は2人の子どもを育てながら、ラジオパーソナリティをはじめとするさまざまな活動をしております。実家が保育園を運営していた、ということもあり、産休中に長年の夢だった保育士の資格を取得。その後、保育士の資格を持つアナウンサーとして自分なりの活動の幅を広げたいと思い絵本専門士の資格を取得しました。

「絵本専門士」という言葉自体、初めて聞いたよという方もいらっしゃるかもしれません。簡単に言ってしまうと、「絵本の魅力を伝える絵本のプロフェッショナル」です。絵本って子どもが読むもの、というイメージも多いかもしれませんが、今では大人向けの絵本も多く出版されているんです。絵本の中に込められたメッセージは、自分の年齢、環境によっても伝わり方が変わってきます。絵本はいつだって、あなたを世界中に、宇宙にだって旅させてくれるのです!

サブスクリプションやさまざまな動画コンテンツなど、エンターテインメントに溢れる現代。そんな今だからこそ、改めて、子育てを頑張っている『共働きwith』世代の皆さまに、絵本の魅力を再発見していただけたらなと思っています! さまざまなテーマでおすすめの絵本を紹介していきたいと思っていますので、よろしくお願いします。

現在子育て真っ最中の方も多いということで、今回は「落ち着きがない子でも楽しんで読める3冊」というテーマで選書させてもらいました。早速、ご紹介しましょう!

 

大盛り上がり間違いなし! ゲーム感覚で楽しめるリズム絵本 『たいこ』

『たいこ』 文・絵: 樋勝 朋巳

トントントトトン……。犬さんが太鼓を叩いていると、「なかまにいれて」と次から次へとお友だちがやってきます。いつもはちょっと怖いワニさんも、たいこを叩くとあら不思議。楽しくなって、みんな仲良し。たいこを叩く音は、トントン、だったり、ポコポコだったり、みんな違う。仲間が増えると音も増える。

我が家も子どもたちと一緒に何度も挑戦していますが、これがまた意外と難しくって笑い転げながら最後はめちゃくちゃに。

愉快な仲間の登場と、ページをめくるたび盛り上がる楽しいリズムに、夢中になること間違いなし! お家にあるお鍋やフライパンなんかを用意して、実際に音の変化を感じながら楽しむのもいいかもしれません。気付けばお父さんお母さんの方が楽しんじゃってるかも?

リズムで展開していく絵本なので、お座りができるようになった小さなお子さまでも楽しめますよ!

子ども心をくすぐる絵本は?次のページ
 
26 件

子育てトピックス

「子育てトピックス」に関する記事をまとめたページはこちら。 with classでは、教育・住まい・時短術をメインに、暮らしをラクに豊かにする、共働き夫婦向けのトピックを発信中。

こちらもおすすめ

About 共働きを、ラクに、豊かに。

結婚しても、子供を持っても、自分らしく働き続ける女性にエールを!仕事と家庭を上手く両立させるコツ、忙しくも楽しい共働きライフを支えるライフハックが充実!

LINE 公式アカウント

お友達登録で、ファッション・ライフスタイルなどのお役立ち情報が毎週届きます!

QRコード