お風呂場のカビ対策 【今すぐできる梅雨の準備2】

SHARE

こんにちは。お片づけ習慣化コンサルタントの西崎彩智です。前回は、「リビングの湿気対策」についてお伝えしました。家族団欒のスペースとして利用されている方も多いリビングの湿気が高くなってしまうと、家族みんなの心や身体に悪影響を及ぼしてしまいます。

今のうちからリビングの湿気対策をしておくことで、家族みんなが気分よく過ごせますし、家庭内も明るくなって笑顔が増えていきます。やはり、普段生活している環境を過ごしやすく整えるということはとっても大切なことです。梅雨入りを迎える前に、まずはリビングの湿気対策から取り組んでみてくださいね。

今回は、前回に続き”今すぐできる梅雨対策”の第二弾として、ご家庭の水回りについてお話していきますね。梅雨の時期の水回りって『カビ』が発生しやすくて本当に大変ですよね。特に、『お風呂場』はカビが生えやすく、世の中のママたちが頭を抱えています

カビは湿度と温度が高いところでよく繁殖するので、お湯をたっぷり使うお風呂場はまさにカビが好む環境そのものなんです。そのため、入浴後の湿度や温度が高い状態で放置しておくと、カビがたくさん発生して不衛生な状態になってしまいます。また、カビによって、アレルギー症状を引き起こす方もいるため、健康上も良くありません。そんなカビを発生させないためにも、私がこの梅雨の時期に浴槽のカビ対策として意識していることが3つあります。

 

1つ目は『浴槽のふたはかならず閉める』ということです。みなさんは、入浴した後にふたを開けっぱなしにしたままお風呂場から出てしまった経験はありませんか? ふたを閉めないで、そのままにしていると浴槽にはられたお湯から湯気が立ち上がり、お風呂場全体の湿度、温度ともに高くなってしまいます。

それによって、カビが自然発生してしまい、みるみるうちにお風呂場が汚れてしまうので、余計な湿気を浴室に広げないためにも、ふたはその都度ちゃんと閉めておきましょうね。

意外とやってなかったり、忘れがちになってしまう2つめのポイントとは?次のページ
 
23 件

西崎彩智「家庭力UPプロジェクト」

「西崎彩智「家庭力UPプロジェクト」」に関する記事をまとめたページはこちら。 with classでは、教育・住まい・時短術をメインに、暮らしをラクに豊かにする、共働き夫婦向けのトピックを発信中。

こちらもおすすめ

About 共働きを、ラクに、豊かに。

結婚しても、子供を持っても、自分らしく働き続ける女性にエールを!仕事と家庭を上手く両立させるコツ、忙しくも楽しい共働きライフを支えるライフハックが充実!

LINE 公式アカウント

お友達登録で、ファッション・ライフスタイルなどのお役立ち情報が毎週届きます!

QRコード