中学受験のママに聞きました!「1年前の自分に言っておきたいこと」は?

SHARE

こんにちは。お片づけ習慣化コンサルタントの西崎彩智です。
先日、大学入学共通テストが行われたというニュースを見ました。いよいよ受験シーズン本番ですね。中学受験は試験日を2月に設定している学校が多いものの、もう全国で試験が始まっています。

少子化が問題になっていますが、中学受験をする人数は増えているそうです。ある調査によると、2022年の中学受験をする子どもの割合は首都圏で約21%と、5人に1人は受験をする時代。東京都に限ると30%を超え、過去最高だったとのこと。

「うちの子はまだ小さいから……」と思っている人もいるかもしれませんが、勉強に対する姿勢や家で勉強する環境は、すぐに確立できるものではありません。いざ受験することになって、直前に「こうしておけばよかった」と後悔することもあるでしょう。

実際に今年子どもが中学受験をしているというママに、「1年前の自分に言っておきたいことはありますか?」というテーマで話を聞いてみました。中学受験をしなくても、子どもの生活習慣を改善するヒントがあると思うので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

小さな頃から規則正しい生活の基礎を作っておこう

受験勉強が大変な時期になると、食事や寝る時間が遅くなって生活が不規則になりがち。受験シーズンだけとはいえ、しばらくそんな生活が続くと、中学生になってからもなかなか規則正しい生活に戻すのは難しいです。
受験に関係ない学年のうちから、規則正しい生活の「基礎」ができていることが理想です。基礎ができていれば、少し崩れてもすぐに戻すことができます。

まず、子どもが朝起きてから寝るまでのスケジュールを子どもと一緒に書き出してみましょう。そして、実際にどれだけの時間をかけているかタイマーで測ります。どれだけの時間を費やしているかを把握することが、時間管理に役立ちます。例えば、「ごはんを食べるのにかかる時間は15分くらい」と自分では思っていても、実際にタイマーで測ると30分以上かかっていた、なんていうことがあります。「15分」と思ったまま生活していては、ほかのスケジュールがどんどん遅れてしまいますね。

話を聞かせてくれたママは、受験前に子どもの行動を時間で測って日常のルーティーンを可視化していました。すると、勉強する時間をもっと増やしたいと考えた子どもが自分で生活を見直して、「お風呂の後にドライヤーをかける10分の時間をなくしたい」と髪型を変えたそうです。ほかにも、塾の時間が遅くなってからは「寝るまでにすること」と「かかる時間」がわかるので、自分で時間を調整することができました。「本当にやっておいてよかった!」と言うので、みなさんも子どもの行動と時間を可視化してみてはいかがでしょうか。

また、子どもの気分転換になることも習慣化しておくことがおすすめです。家事のお手伝いや散歩などの軽い運動など、塾と勉強ばかりになって息がつまらないように、違うことをする時間も1日の生活の中に作っておきましょう。ゲームやインターネットなどが気分転換になるという子もいるかもしれませんが、ダラダラといつまでも続いてしまうので、勉強に戻るきっかけがなくなってしまいます。できれば「終わった」と達成感のあることや、運動不足解消のために体を動かすことがいいでしょう。

子どもが集中できる環境を整えよう次のページ
 
22 件

西崎彩智「家庭力UPプロジェクト」

「西崎彩智「家庭力UPプロジェクト」」に関する記事をまとめたページはこちら。 with classでは、教育・住まい・時短術をメインに、暮らしをラクに豊かにする、共働き夫婦向けのトピックを発信中。

こちらもおすすめ

About 共働きを、ラクに、豊かに。

結婚しても、子供を持っても、自分らしく働き続ける女性にエールを!仕事と家庭を上手く両立させるコツ、忙しくも楽しい共働きライフを支えるライフハックが充実!

LINE 公式アカウント

お友達登録で、ファッション・ライフスタイルなどのお役立ち情報が毎週届きます!

QRコード

withmemberアンケート隊「with会員」募集中!

withのアンケートやプレゼントキャンペーン等にご参加いただく会員組織。会員限定のイベントへのご案内や、withからのお得な情報を受け取ることができます!