クリスマス前だから叶う! 子どもの“片づけスイッチ”が入る簡単アイデア

SHARE

こんにちは。お片づけ習慣化コンサルタントの西崎彩智です。
街が少しずつイルミネーションで彩られる季節になってきましたね。年末に向けてクリスマスムードが高まっています。クリスマスは大人も子どもも大好きなイベントの1つ。特別なことをしなくても、なんだかワクワクしますよね。クリスマス前の今は、ワクワクした気分をうまく利用して、子どもと一緒に片づけができる今年最後のチャンスです。

「今年最後」という理由の1つは、年末年始の忙しさ。クリスマスが来ると子どもたちは冬休みになり、その後すぐに大晦日になって新年を迎えます。気ぜわしくなってしまう前の今のうちに、子どもと一緒に片づけましょう。
もう1つは、子どものモノが増えること。長期休みに入る前には、ずっと幼稚園・保育園や学校に置いていたモノを持って帰ってきます。また、学校で作った制作物もあるでしょう。それらを持ち帰る前に、家の中を整えておいた方がいいのです。
今ならクリスマスという楽しいイベント感で、子どものやる気を引き出せますよ。

 

「クリスマスプレゼントの置き場所を作ろう!」と話す

家族やサンタさんからプレゼントがもらえるクリスマス。11月下旬の今頃は、子どもとほしいプレゼントについて話をたくさんする時期だと思います。サンタさんへ手紙を書いたりするかもしれませんね。
そのときに、「もらったプレゼントは、どこに置こうか?」と話してみてください。きっと子どもは、プレゼントをもらえるうれしさでいっぱいで、置き場所までは考えていません。ほしいと言っているプレゼントの大きさや形はだいたいわかると思うので、その分のスペースを空けるために片づけようと誘ってみましょう。
「取り出しやすくてしまいやすい場所はどこかな?」「しまうためには、どれを手放せばいいかな?」など、片づけるときに考えた方がいいポイントを教えてあげてください。ほしいモノのためなら、子どもは一生懸命考えて、片づける気になってくれると思います。

ほかにも、年末年始は帰省などで子どもがモノをもらう機会が増える時期でもあります。モノが増えるときは、置き場所について一度考える癖をつけるようにするといいですね。「1つモノを増やすなら、1つ手放す」という「1 IN, 1 OUT」を徹底すれば、家の中がモノであふれることはありません。
収納場所には限度があることや、収まりきらないと散らかってしまうこと、新しくモノを増やす場合は今あるモノを手放すことが必要だということを、子どもに教えてあげてください。大人でもあまり意識していない人が多いですが、片づけに大切なことです。将来の子どものためにも今のうちから身につけておきたいですね。

「捨てるよ」は要注意ワード! 使うときは慎重に次のページ
 
22 件

西崎彩智「家庭力UPプロジェクト」

「西崎彩智「家庭力UPプロジェクト」」に関する記事をまとめたページはこちら。 with classでは、教育・住まい・時短術をメインに、暮らしをラクに豊かにする、共働き夫婦向けのトピックを発信中。

こちらもおすすめ

About 共働きを、ラクに、豊かに。

結婚しても、子供を持っても、自分らしく働き続ける女性にエールを!仕事と家庭を上手く両立させるコツ、忙しくも楽しい共働きライフを支えるライフハックが充実!

LINE 公式アカウント

お友達登録で、ファッション・ライフスタイルなどのお役立ち情報が毎週届きます!

QRコード