withonlineロゴ
西崎彩智「家庭力UPプロジェクト」

「防災の日」にチェック!片づけで安全な家を作る3つのポイントとは

暮らし

SHARE

こんにちは。お片づけ習慣化コンサルタントの西崎彩智です。もう8月が終わろうとしていますね。まもなくやってくる9月1日は「防災の日」。1923年9月1日に関東地方で起きたマグニチュード7.9の「関東大震災」を教訓に、防災に対する意識を忘れないようにするために制定されました。地震、台風、大雨、洪水など、日本は自然災害の多い国。万が一の時のための備えは大切です。防災グッズを用意したり、食料品を備蓄したりと様々な準備をしている方も多いのではないでしょうか。

いざという時に、「片づけは命を守る」と私は考えています。家の中がきれいに片づき、整理されていることは、日常生活を快適にするほかにも災害時にいろいろと役に立つことがあるからです。今回は、主に3つのポイントをご紹介します。
 

危険な「高さ」と「量」を収納していないか?

pattern_1
収納量を増やすために高い棚を設置したり、物を積み上げて放置してしまったりすると、地震が起きたときに倒れてくる可能性があります。ぶつかってケガをしたり、避難が遅れてしまったりする原因になるので、なるべく高い棚は置かないようにすることをおすすめします。

私が実際にやっている対策を例に挙げると、寝室にはベッドよりも高さのある物を置かないようにしています。物が倒れてくるというリスクをなくすためです。非常事態はいつ、どこで起こるかわかりません。ほかにもベッドの下にスリッパを常備して、割れたガラスなどを踏まないよう、安全にすぐ移動できるようにしています。

また、私の知人は仕事の関係上、阪神大震災の時に大きく壊れてしまった家の内部をたくさん見たそうです。その中には、地震の揺れが直接の原因ではなく、家の中にあった棚や収納されていた物が壁などにぶつかり、ダメージを大きくしてしまったケースが多くあったといいます。家の中にある物の量が少なければ、そこまで壊れなかっただろうと推測されます。

物が増えてしまうとつい棚やラックなどの収納を増やしてしまいますが、その収納グッズ自体が自分の命を危険にさらしてしまう可能性があるということを覚えておいていただきたいです。地震の時は倒れてくるし、火事の時は火を大きくしてしまう原因にもなります。

これはご自身が暮らす家についてはもちろん、ご両親が住む実家にも言えることです。ご両親の世代は、物をたくさん持つことが安心につながる方も多いので、すぐに使わないような物も保管してしまいがちです。しかし、いざという時に、物をどかしながら避難するということは難しいです。自分が思っている以上に、力や足腰が年齢とともに弱くなってきています。今の生活に合わせてすっきりと暮らしやすくすることで、緊急事態の時にも避難しやすくなるということを話してあげてください。
次のページ>>避難経路はスムーズに移動できるか?
 
22 件
カテゴリーの記事一覧

SHARE

AUTHORS