【防災グッズ特別編】ワークマンで防災にも使えるアイテムを厳選!#18

SHARE

こんにちは、misaです。
今回から2週続けて特別編! 私が気になっているお店に取材させていただいた様子をお届けしたいと思います。今回はファミリー層からも人気の高いワークマンさん! 個人的に気になったアイテムなどもご紹介しますので、備えを考える際の参考にしていただけたら嬉しいです。

ワークマンプラス立川栄町店におじゃましてきましたー! さっそく色々見せていただきたいと思います。

まずは3ケタ価格で購入できる、ヘルメットにご注目

まずチェックしたいのは、ヘルメット。ヘルメットってなかなか実物を手に取る機会もないですよね。ワークマンさんにはたくさんの種類を取り揃えていました。本格的に職人さんが使われるような性能の高いものから、手軽に購入できる価格のものまで、幅広く置いてありました。

ABSツバ有りヘルメット各¥998/ワークマンプラス
カラーは3色展開。

わが家は狭いマンション暮らしなので、折り畳みヘルメットを選びましたが、広い玄関や収納スぺースがあったらこれもいいなぁと思いました。約1000円で安心を備えられる、と思うとお手軽ですよね! シンプルで簡易的ではありますが、国家検定品のヘルメットで、「物体の飛来または落下による危険を軽減するためのもの」として使えます。

ずっと気になっていたのが、「セーフティー・インソール」

ステンレスの板が内蔵されている「踏抜防止インソール1足」(22.5~28.0cmまで展開)¥795/ワークマンプラス
東日本大震災時にも話題を呼び、今もすごく売れているアイテム。

続いて、ずっと気になっていた踏み抜き防止のインソールを見せていただきました。災害時など、靴の底に敷くだけで破片の上を歩く時も安全、というもの。なんと、中にステンレス板が入っているそう。災害専用の靴を備えておくことが難しくても、インソールなら手軽に取り入れられそうです。

 

数多く並ぶ手袋エリアで選んだのは、399円の耐切創手袋!

続いて、手袋のゾーンへ。ものすごい数の手袋が陳列されています。これだけ種類が豊富だと、どれがいいのか選ぶのも迷ってしまう……! ということで、性能の違いなどをお伺いしてみました。

左・耐切創手袋(耐切創レベルC)¥399、右・子ども用ウレタン手袋¥150/ワークマンプラス

災害時、がれきの後片付けなどをするときには、少し特別な軍手があると安心です。教えていただいたのは背抜き手袋と言って、手のひら部分に樹脂やゴムをコーティングした手袋です。背抜き手袋にもいろいろな素材があるのですが、天然ゴムを気に入りました。天然ゴムの特徴としては、受難性、耐寒性に優れていて、弾力性あり。左の手袋をはめてみたのですが、フィット感がとてもよかったです。右のかわいいネコさん柄は子ども用!(こちらは耐切創手袋ではありません)。

他の柄もありました。こちらはウレタンコーティングされているのですべらないそうです。防災用に、というわけではなく、芋掘りやアウトドアでも使えますね!

アウトドアと兼用できるグッズも!次のページ
 
68 件

Misaの「手軽に始めるファミリー防災」

「Misaの「手軽に始めるファミリー防災」」に関する記事をまとめたページはこちら。 with classでは、教育・住まい・時短術をメインに、暮らしをラクに豊かにする、共働き夫婦向けのトピックを発信中。

こちらもおすすめ

About 共働きを、ラクに、豊かに。

結婚しても、子供を持っても、自分らしく働き続ける女性にエールを!仕事と家庭を上手く両立させるコツ、忙しくも楽しい共働きライフを支えるライフハックが充実!

LINE 公式アカウント

お友達登録で、ファッション・ライフスタイルなどのお役立ち情報が毎週届きます!

QRコード